MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 完成1

MGνガンダム完成トビラ1

ついに完成となりました。
MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka
本日から3日間のレビューとなります。
(画像が多すぎて数日にまたがってすみません)
では1日目、いってみましょう!!

MGニューガンダム完成1

まずは武装なしの素の状態から。
いつもなら最大で 640×480ピクセル の大きさですが
今回は 800×600ピクセル の大きい画像でアップしています。
存分にご堪能ください。

MGニューガンダム完成2

パーツ数が多く、製作記31日は私の最長記録です。
作る前はもう1個作りたいなぁなんてアホな事考えてましたが
絶対もう作りたくないですね。
(作品としてのレベルはいいのですが製作するのがすごく大変です)

MGニューガンダム完成3 MGニューガンダム完成4

こちらもいつもの画像より少し大きめにしてみました。
白色と灰色のコントラストがいいですね。
ガイアのニュートラルグレーⅠ・Ⅱをそのまま使っていますが
問題なさそうですね。
これから塗装する人は使ってみてね!

MGニューガンダム完成5 MGニューガンダム完成6

デカールの数もなかなかのもので
デザイナーがカトキさんだけあって
すごくセンスのいい配置とデザインです。
デカール苦手な方もこのキットで練習しましょう!!

MGニューガンダム完成7

かなり大きめの画像にしています。
どの角度から撮ってもスキがないデザイン。

MGニューガンダム完成8 MGニューガンダム完成9

アゴのラインはキットのままだとかなりゴツイので
ヤスリで削り込んで少しだけスリムにしています。
後はアンテナのシャープ化はお約束です。
ツインアイやメインカメラは胸部にLEDユニットを配することで
発光させられますが今回はオミット。
発光させてない時、クリアパーツは色が沈んでしまいがちなので。

MGニューガンダム完成10 MGニューガンダム完成11

左画像は胸部。
胸部フィンの下側のパーツは白色の物も同梱されていますが
私は色彩的に黄色を紺色が囲った方がカッコイイと思うので
アニメ設定を遵守したこのパーツにしています。
右画像は肩アーマー。
アムロ・レイの『A』マークがカッコイイです。
RGのように単純な白色だけでなく
かなり明るい灰色を一部入れてアクセントとするデザインになっています。

MGニューガンダム完成12 MGニューガンダム完成13

肘関節部分。
ワンポイントに カッパー を入れています。
赤色でも挿し色としては良かったかも。
上腕はスライド機構があります。
(後日『発動モード』の時にスライドさせます)

MGニューガンダム完成14 MGニューガンダム完成15

下腕パーツ。
こちらもスライドしてサイコフレームが露出する仕様。
結構硬めなスライドなので
グリスを塗るかクリアランス処理をしておいた方が賢明です。
黄色い小さなパーツでアポジモーターを再現しているあたり脱帽です。

MGニューガンダム完成16 MGニューガンダム完成17

腰部パーツ。
左右でマーキングが違うのがいいですね。
この『RA』って医療関係者としては
『リウマチ』って即変換されてしまって困ります。

MGニューガンダム完成18 MGニューガンダム完成19

モモ~膝関節パーツ。
スライド機構目白押し&白・灰色のツートンがカッコイイ部分。

MGニューガンダム完成20 MGニューガンダム完成21

スネ~ふくらはぎパーツ。
こちらにも『RA』が(笑)

MGニューガンダム完成22 MGニューガンダム完成23

足先にもサイコフレームのスライド機構があります。
黄色いスパイクパーツは可動式になっていますが
写真撮り忘れました・・・。

MGニューガンダム完成24 MGニューガンダム完成25

バックパック。
スラスターの中心部分は黄色パーツが入ります。

MGニューガンダム完成26 MGニューガンダム完成27

通常版では左がファンネル接続用、右がサーベルホルダーになります。
ダブルフィンファンネルにする場合は
左画像のファンネル接続用パーツを右にも付けます。

MGニューガンダム完成28 MGニューガンダム完成29

左画像はリアアーマーで、すごく大きな『RA』を貼り付けています。
右画像の膝関節裏のチューブですが
しっかりと塗り分けしておけば良かったかな。。。とちょっと後悔。

MGニューガンダム完成30 MGニューガンダム完成31

ふくらはぎのスラスターは展開し
上下2発に変形します。

MGニューガンダム完成32 MGニューガンダム完成33

バックパックは簡単に着脱可能です。
スラスターの中心はMGユニコーン等でお馴染みになった
中心から接続軸が見える仕様ですね。

MGニューガンダム完成34

左下腕には呼びサーベルが収納されています。

MGニューガンダム完成35 MGニューガンダム完成36

コクピットは腹部にあり
左画像のように持ち上がるようになっています。
右画像のようにパイロットを乗せてしまうと
もう撮影できなくなるので
塗装した方はしっかりと組み入れ前に撮影を!

MGニューガンダム完成37 MGニューガンダム完成38

赤色のハッチ部分だけの可動もできます。
この部分はグリスアップを推奨します。
そのまま組むとキッチキチです。

MGニューガンダム完成39

ツインアイの上に布を被せれば
逆襲のシャアでのνガンダム初お目見えのシーンを再現できそうです。

MGニューガンダム完成40 MGニューガンダム完成41

このキットに付属しますマニピュレーターは
PGのように全指可動するようになっています。
グー・パーも楽勝でできます。

MGニューガンダム完成42 MGニューガンダム完成43

4本の指を少し広げてみましたが
左画像が限界のようです。
しかし指自体の可動は申し分なし。

MGニューガンダム完成44

大きな縦画像もアップしておきますね~

MGニューガンダム完成45

バックパックや下腕など
左右非対称なデザインが当時カッコイイと思いましたね。

MGニューガンダム武器1

ここからは武装のレビューをしていきたいと思います。
まずはビームライフルです。

MGニューガンダム武器2 MGニューガンダム武器3

ガンダム系はだいたいグレーのライフルが多いのですが
このνガンダムは白色のライフルを携行しています。
右画像ですが後ろの端っこに合わせ目がきますが
私はあえて消さずに製作しました。
気になる方は接着→合わせ目消しをしてから塗装しましょう。

MGニューガンダム武器4 MGニューガンダム武器5

グリップ部分からこのようなプレートがスライド展開し
マニピュレーターとがっちり接続することが可能となります。

MGニューガンダム武器6 MGニューガンダム武器7 

お次はシールド。
シンプルながらもカッコイイデザインです。
面が大きく、裏面も複雑なので
かなり面に凹凸がありますから
きちんと表面処理しておいた方がいいです。

MGニューガンダム武器8

このスリット部分は裏面の紺色が見えています。
塗り忘れに注意です!!

MGニューガンダム武器9 MGニューガンダム武器10

左画像のように『A』マークがアレンジされててカッコイイですね。
右画像は中心部分をマスキングして金属色を配することで
単調にならないよう配慮しています。

MGニューガンダム武器11 MGニューガンダム武器12

腕部との接続パーツはある程度可動するため
左下腕に接続していてもあまり邪魔になりません。

MGニューガンダム武器13

シールド裏側には設定どおりの武装がセットされています。

MGニューガンダム武器14

お次はバズーカです。
砲身が伸縮するようになっています。
この部分は今までのキットではなかったものですね。

MGニューガンダム武器15 MGニューガンダム武器16

巧みなパーツ構成で合わせ目が一切出ません。
センサー部分はきちんとクリアパーツになっています。

MGニューガンダム武器17 MGニューガンダム武器18

弾頭部分もきちんと塗装しています。
後ろ側が単調なので金属パイプを埋め込んでもいいかも。

MGニューガンダム武器19 MGニューガンダム武器20

グリップが画像のようにフレキシブルに可動しますので
肩に担いだりしても発射ポーズが上手いこと決まります。

MGニューガンダム武器21 MGニューガンダム武器22

左画像、ライフルのグリップと同様の仕様になっています。
右画像は砲身を縮めた状態。
背中に懸架する場合はこのバージョンで。

MGニューガンダム武器23

お次はビームサーベル。
2種類あります。

MGニューガンダム武器24 MGニューガンダム武器25

背中に配されているビームサーベル。
ビーム発生時にはグリップ部分が変形します。

MGニューガンダム武器26 MGニューガンダム武器27

サーベル刃を装着!!
通常でも反った状態になっています。
グラデーション塗装しているのがお分かりいただけますか?

MGニューガンダム武器28 MGニューガンダム武器29

こちらもライフルやバズーカ同様
ポロリ対策としてプレート状の接続パーツがグリップに搭載されています。

MGニューガンダム武器30

左下腕に装着されている予備サーベル。

MGニューガンダム武器31 MGニューガンダム武器32

こちらは反ってない通常のサーベルです。
当然こちらもグラデーション塗装しています。

MGニューガンダム武器33 MGニューガンダム武器34

グリップ部分は先程と同様プレート状パーツが出現します。

MGニューガンダム武器35

2本の長さはこれぐらいになります。

MGニューガンダム武器36

武装の最後はやはりνガンダムの最大の特徴でもあります
フィン・ファンネルです!!
画像は背中に接続するパターンになっていますが
ポロリ対策として私はこの6枚を接着してしまっています。
撮影時のストレスから開放されますので
ファンネル遊びをせずに飾りたいという方は接着をオススメします。

MGニューガンダム武器37 MGニューガンダム武器38

フィン・ファンネル1枚はこんな感じの表裏になっています。

MGニューガンダム武器39 MGニューガンダム武器40

このキット最大の特徴でもあるファンネル6枚が全部同じ物であるための機構。
左画像のように接続用パーツが展開し
右画像のように固定され、隣のファンネルとの架橋となります。

MGニューガンダム武器41 MGニューガンダム武器42

隣のファンネルは左画像のように受けがありますから
右画像のように接続していきます。

MGニューガンダム武器43 MGニューガンダム武器44

受けの位置が多数ありますので
このように好きな位置で接続できるようになっています。

MGニューガンダム武器45

しかし画像でも分かるとおり
接続ピンが小さいため
やっぱり自重に耐えられずポロリすることが多々あります。

MGニューガンダム武器46

今回私は左のようにバラ6枚と接着固定6枚の計12枚を製作しています。
表面処理等本当に死んでしまうかと思ったよ・・・。

MGニューガンダム武器47

このようにバラを組むことでダブルフィン・ファンネルにもできます。
明日のレビューでダブルフィン・ファンネル仕様もアップしておきますね~!

アムロフィギュア1

1/100アムロ・レイ 立ちフィギュア。
面相筆でしっかりと塗り分けさせていただきましたよ!
一発でアムロってわかる造形がすばらしい。

アムロフィギュア2

スミ入れすることで
服のシワ等質感が出ていいカンジです。

アムロフィギュア3 アムロフィギュア4

逆襲のシャアに登場するアムロは本当にカッコよかったなぁ。
ファーストのようなウジウジ感ないしね。

アムロフィギュア5 アムロフィギュア6

以前はこういったフィギュアの塗装を全くしていませんでしたが
最近はこういった小さい物への塗装がすごく楽しいです。

サザビーコクピット1 サザビーコクピット2

レビュー記事用のサザビーコクピット。
MGリックディアスから拝借してきました(笑)

MGニューガンダム武装1

ではライフルとシールドを装備させてみました。
カッコイイなぁ。

MGニューガンダム武装2

色んな角度から撮影しましたので
余す所なくアップしていきますよ!!

MGニューガンダム武装3

シールドのマーキングデザインは秀逸!
HGUC版デカール(1/144サイズね)もこのデザインのが欲しいです。

MGニューガンダム武装4

若干右手首のしぶみが足りないか?
ライフルを持った手が少しずつ垂れ下がってきます。
瞬着等でしぶみをつけておいた方がいいかもしれません。

MGニューガンダム武装5 MGニューガンダム武装6

手首は少し緩いですが
ライフル自体はしっかりと固定されていますので
手から離れてしまう(落としてしまう)ことはありません。
また、シールドも左下腕にきちんと固定されています。

MGニューガンダム武装7

先程のものにフィン・ファンネルを装備させてみました。
一気にヒーロー度が増しますね~

MGニューガンダム武装8

この左右非対称デザインが神ですわ。
当時中学生ながらに感動したのを覚えています。

MGニューガンダム武装9

当時の1/144キットはフィン・ファンネル装備型が後発だったため
お金がないのにファンネルなし版とあり版両方買うハメになりました。
リリースするなら先にアナウンスしておけよ~!!って怒った記憶が。

MGニューガンダム武装10

固体差かもしれませんが
バックパックスラスターのカバーがかなり緩いです。
画像でも若干外れかけています・・・。

MGニューガンダム武装11

フィン・ファンネルの接続ピンがよく見える画像。
解釈としてはいいのですが
もう少し保持力のことを考えて欲しかったなぁ。
HGUC版の接続はガッチリしていて良かったですよね。

MGニューガンダム武装12

こうやって見るとファンネルってスラスターで焼けたりしないのでしょうかね?
モロ食らいの位置ですね(笑)

MGニューガンダム武装13

最後はバズーカも装備してのフル装備状態!!

MGニューガンダム武装14

カッコイイ、カッコイイよνガンダム!!!!

MGニューガンダム武装15

今回トビラに使用した画像。
ツインアイがきちんと映っていたのでこれにしました。
一個前の画像でもよかったかな?

MGニューガンダム武装16

当時への字口(スリット部分)が3本線なのが斬新でした。
昔は2本か無しが基本でしたから。

MGニューガンダム武装17

このキットはABS関節ではなく特殊なプラスチックを使用しています。
これだけ大きなファンネルを搭載していても
傾きもしないのがすばらしい。
でも私的にはABSのカッチリ感も捨てがたいのですが・・・。
塗装できないと言うかたもいますが
私はABSを塗装して破損したことないのですがね。

MGニューガンダム武装18

肩アーマーにあるアポジモーターですが
仮組み時にはスカスカでしたが
塗装したのことによってきっちり固定されるようになりました。

MGニューガンダム武装19

バズーカは背部中心に固定されます。

MGニューガンダム武装20

こんなカンジに固定されています。
このバックパックのデザイン自体が武装前提なので面白いです。

MGニューガンダム武装21

ファンネルにはすごいヒケが存在しますから
しっかりとヤスリがけして面を整えています。

MGニューガンダム武装22

シールドがファンネルに干渉しがちです。
でもデザイン的に仕方ないかもね。

MGニューガンダム武装23

カトキ立ちさせるとカッコイイっす。

MGニューガンダム武装24

大きな横画像も撮影しています。

MGニューガンダム武装25

この画像もトビラ候補でした。
目線がカッコイイです。

MGニューガンダム武装26

カッコイイので何枚でも撮影してしまっています。
同じような構図の画像多くてすみません。

MGニューガンダム武装27

首の可動範囲が広いため
アゴを引いたり上げたりと楽々できます。

MGニューガンダム武装28

本日のレビューはここまで!!
明日はダブルフィン・ファンネルモードと発動モードのレビューになります。
お楽しみに~!!

カラーレシピ
C:クレオス、G:ガイアカラー、F:フィニッシャーズカラー
(白):ニュートラルグレーⅠ(G)
(灰):ニュートラルグレーⅡ(G)
(紺):Gブルー14(C)
(薄紺):Gブルー14(C)+ Exホワイト(G)
(赤):Exホワイト(G) → ブライトレッド(F)
(黄):Exホワイト(G) → VO-03ビビッドオレンジ(G)
(関節グレー): ホワイトサーフェイサー1000+Exブラック(G)+フラットベース(C)
(フレームメタリック):VO-04フレームメタリック(1)(G)、VO-15フレームメタリック(2)(G)
(装甲裏グレー):ファントムグレー(C)

スミ入れはエナメル塗料にて
白 には ホワイト+ライトグレイ
赤・黄 には フラットブラウン
紺・灰 には フラットブラック を使用

クリアパーツ部分以外は Exフラットクリアー(G)で艶消し仕上げ。


・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記1 (内容確認(ランナー紹介))
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記2 (段落ちモールド化等工作)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記3 (フレーム仮組み)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記4 (外装のヒケ処理等ヤスリがけ)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記5 (フィン・ファンネル製作)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記6 (仮組み)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記7 (フレームパーツへのサフ吹き1)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記8 (フレームパーツへのサフ吹き2)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記9 (紺色パーツへのサフ吹き)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記10 (白色パーツへのサフ吹き)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記11 (薄灰色・メタリック色パーツへのサフ吹き)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記12 (赤色・黄色パーツへのサフ吹き)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記13 (装甲裏塗装&下地白色塗装)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記14 (赤色・黄色塗装)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記15 (白色装甲塗装1)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記16 (白色装甲塗装2)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記17 (紺色塗装1)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記18 (紺色塗装2)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記19 (灰色塗装)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記20 (金属色塗装)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記21 (マスキング塗装)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記22 (サーベル&パイロット等塗装)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記23 (スミ入れ作業1)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記24 (スミ入れ作業2)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記25 (スミ入れ作業3)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記26 (スミ入れ作業4)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記27 (デカール貼り)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記28 (塗りミスのリカバー&ピンの塗装)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記29 (トップコート1)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記30 (トップコート2)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 製作記31 (組み立て作業&シール貼り&グリスアップ)
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka フレームレビュー
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 完成1◀
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 完成2
・MG ν(ニュー)ガンダムVer.Ka 完成3











人気ブログランキングへ
関連記事

tag : ガンダム ガンプラ 逆襲のシャア

コメントの投稿

非公開コメント

上手ぁい!! 
以上ぉ。

うっひょおおお

うおおお!
かっこええ!

イッキに読ませてもらいました。
ただ、RAがリウマチ、ってトコがずっと頭の中で繰り返し繰り返し…(笑)

あ、質問なんですけど。この枚数のデカールでmiffyさんは何時間ぐらいで貼るんでしょう?
コレでデカールの練習って…コロス気ですか!!(爆)

いやあ、ちょっと興奮しすぎました。
ホンット、お疲れさまでした。
明日以降も楽しみにしてます。

惚れ惚れ〜!

miffy.burian様

こんばんは〜m(__)m
νガンダム完成おめでと〜ございます!
今回も製作記31回ととても読み応えのあるものになりましたね!ありがとうございます。
一つ一つの丁寧な工程のたまものですよね〜!見ていて惚れ惚れしますよ〜!
完成2、3も楽しみにしています!

しかしパーツ多いですよね〜・・・
私も今制作していますがファンネルには手を出していません・・・心折れそうなので!
こ〜なるとは思いもよらず拡張セットも購入してしまいました・・・
ぼちぼちがんばりま〜す!

ニューガンダムは伊達じゃない!

完成おめでとうございます!もう、惚れ惚れしてしまう程の作品ですね。フレームの色分けも丁寧でついつい見入ってしまいました(笑)
この作品を見て、自分も欲しくなってしまいました(笑)

長い製作、お疲れ様でした。これからも製作記、楽しみにしています^ ^

ぱあくん様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

短いコメントながらも本当に嬉しいです!!

だんきち様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

このキットのデカールは何時間ぐらいだろう?
4時間弱ぐらいだったかと思います。
正確な時間覚えてないや(汗)
ユニコーンなんて本当に死んでしまいますよ!!
でも私はデカール大好きなのでむしろ嬉しいですが!

アマチュアモデラー様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

このキット、地獄を見れること確実ですが
完成時の感動もすばらしいです。
購入をオススメします!!

michi様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

製作記が長くなり間延び感があってスミマセン。
製作しながらの撮影も大変でしたよ。

拡張セット買ったはいいけど作らない人多いかも。
買った人、皆で地獄を見ましょう!!!

No title

とてもカッコ良いですね!でも製作する気が・・・。以前のバージョンのニューは製作しましたが(素組&ゲート処理&一部塗装&スミ入れだけでもかなり時間がかかったような気がします)このモデルを完璧にこなすなんて凄すぎますね!RGあたりで早くニューが出てくれないかと思ったりしてます。

tom様

おはようございます。
コメントありがとうございます。

MGνVer.Kaは本当に難物でしたよ。
すんごい小宇宙もっていかれましたから(笑)
確かにRGで欲しいですね~!

こんばんは。νガンダムを作るつもりで作例探してるうちにこちらの作品を見つけました。大変落ち着いた色ですごいかっこいいですね。レシピも書いてあったので参考にしたいと思います。

私は初心者でこれから作るとき疑問に思った点があったので質問します。作成の途中でヤスリをかけていましたが何の意味があってやっているのでしょうか?

時間があれば回答よろしくお願いしますm(_ _)m

タツヤ様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

私の作ったνガンダムが参考に!?・・・なればいいのですが(汗)

ヤスリがけの意味ですね。
一番の意味は本来あるべき形にするためですかね~
プラモデルはプラスチックという特性上
若干の凹み(ヒケ)があったりますから
それをヤスリでならして本来あるべき平面を出してやります。
また塗装する前にサーフェイサーを吹きますが
そのサフの食いつきをよくするという効果もあります。

一応参考記事もありますので
よろしければ見てみてください!

参考記事 → ヒケ処理(http://miffyburian.blog.fc2.com/blog-entry-116.html

ありがとうございます。参考URLわかりやすくてすんなり理解できました。

ヒケって最初わからなかったですが写真見ていくと「確かそんなのあったなあ」って思い出せました笑。

あまり気にしませんでしたがかっこいい作品作るためにも必要な作業だと思うので丁寧に作っていきたいと思います。

この度はありがとうございました。これからもちょくちょくブログ覗いてみたいと思います。プラモ作り頑張ってください(^^)
メニュー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数
オススメ商品








































最新記事
amazon お買い得おもちゃ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
広告
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

miffy.burian

Author:miffy.burian
いい歳して模型製作に
情熱をささげつつも
かわいらしいMiffyを
愛してしまう浮気者。

完成品&レビュー
Twitter
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
6位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
ネットでの出会い