首の延長

首加工1

最近のキットではポリキャップの規格が統一されているため
キットによっては首の長さが短くなってしまっている物も見受けられます。
そういう場合の対処法として
『首の延長』という選択肢をオススメします。

使用するのは
Uバーニア フラット3正方形
このパーツを使って首の長さを底上げしていきます。

首加工2

まずはおもむろに首のポリパーツを
ピンバイスで串刺しにしてしまいます。
補強のために入れる真鍮線が通りますので
ズレないよう注意して穴を開けていきます。

首加工3

次にバーニアパーツの中心点へ
モデリングスクライバー でアタリを付けます。

首加工4

中心点がこれでわかりますので
ピンバイスで穴を開けていきます。

首加工5

次に、最初串刺しにしたポリパーツの下側ボール部を切り落とします。
ズレると不恰好になるので
切れ味のいいデザインナイフで切り落としてください。

首加工6

そして穴を開けたバーニアパーツをサンドイッチして
真鍮線を通して固定します。

首加工7

ポリパーツとの接着はできませんが
真鍮線とバーニアパーツを固定するために
瞬間接着剤を流し込んでおきます。

首加工8

余った真鍮線は金属用ニッパーにて切り落とします。

首加工9

バーニアパーツ分首の長さが延長されました。

首加工10

実際にこの首パーツを使ってみるとこんな感じです。

パテ盛り5

上の状態でも長さ自体は延長されて
かなりプロポーションは改善されたと思いますので
個人的にはここまででも十分ですが
色んな角度から見たときに
『コレじゃあ首自体が細いYo!』と言われる方もいると思います。
そんな方はポリパテを盛って太さをかせいでいきましょう。

パテ削り7

しっかりと乾燥を待ってから
タイラー等平面を作ることができるヤスリで削っていきます。
4面をきちんと出した後
角を落として完成です。
これでもディテールが足りない場合はスジ彫り等加えていってください。

首セット

太くなった首パーツを付けて完成です。



人気ブログランキングへ
関連記事

tag : ガンプラ 製作 初心者

コメントの投稿

非公開コメント

メニュー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数
オススメ商品








































最新記事
amazon お買い得おもちゃ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
広告
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

miffy.burian

Author:miffy.burian
いい歳して模型製作に
情熱をささげつつも
かわいらしいMiffyを
愛してしまう浮気者。

完成品&レビュー
Twitter
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
6位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
ネットでの出会い