MG ガンダムデスサイズEW版 完成①

デスサイズトビラ

長らくお待たせしました。
いよいよ本日完成の
MG ガンダムデスサイズEW版
ついにレビュー開始です!!!

デスサイズ素立ち1

シェンロンにも使用されていたフレームを流用し
しっかりとした可動範囲とプロポーションを確保しています。
デザインもカトキ氏のものをきちんと踏襲。
破綻無くまとまっていると思います。

デスサイズ素立ち2

後姿も美しい。
『デスサイズヘルの強化前』とよく言われますが
あっちが強化後ですからね!!

塗装比較1

フル装備状態。
バックパックにビームサイズを
左腕にバスターシールドを装備。
一気に戦闘能力が上がりました。

塗装比較2

ビームサイズのとんでもない大きさがよくわかるカット。
ここはきちんと塗り分けてやるとカッコよくなります。

デスサイズフル装備1 デスサイズフル装備3

バランスは申し分ない。
ただこのフレーム共通の問題なんですが
肩の接続が胴体軸からポロポロ抜けやすいです。
軸を太らせるなり軸の長さを少し長くするなりの対策を講じた方がいいでしょう。

デスサイズフル装備2 デスサイズフル装備4

バスターシールドの取り付けは左腕のデカールにかかる部分なので
装着は慎重にしました。
少しでもこすればガリッともってかれます。。。

デスサイズ3 塗装比較1

塗装前後の比較です。
設定からの変更点は
① 頭部ヘルメットを 白色→黒色に変更
② アンテナ中央部を 赤色→黄色に変更
③ 腰アーマーを 白色→黒色に変更
④ 手首カバーを 黄色→灰色に変更
⑤ 膝パーツ下側を灰色に変更
⑥ バスターシールド先端を灰色に変更
⑦ バックパック上部を 黄色→灰色に変更
変更点はこれぐらいです。

デスサイズ4 塗装比較2

ビームサイズはグレーとメタリックブラックにて塗り分け。
かなり雰囲気の違うデスサイズに仕上がったと思います。

デスサイズ上から

型式番号が美しい。
ここはキット付属の転写式ではなく
水転写のガンダムデカールを使う方が完成時の見栄えがいいです。
ケチらずいきましょう!!

デスサイズ頭部1 デスサイズ頭部2

頭部はお馴染みカトキデザインのためツインアイが見えにくいです。
少しでもアゴを引くと目線が隠れてしまいます。
そのため一応アゴを上げてツインアイの撮影を。

デスサイズ腰部1 デスサイズ腰部2

腰部は設定がのカラーリングから変更して黒色にしてしまったため
指定の赤色デカールが使えませんでした。
そのため適当に余ったデカールを見繕って貼りましたが
集中と拡散を考えながらのわりには少ししつこかったか・・・と反省しています。
でも右後ろの『D』は気に入ってます。

デスサイズ脚部1 デスサイズ脚部2

脚部もデカールの見せ所とばかりに指定が多いです。
ここにも『D』を貼り付けてワンポイントにしています。

デスサイズバックパック1 デスサイズバックパック2

バックパック上部をグレーにしたことでかなりシックなイメージになりました。
というよりここが黄色ってありえないと思うのですが。
スラスター部分は メタリックブラック で塗装しています。
ユニコーンあたりからそうですが
スラスターが真ん中で抜けた造形になっているので
受け側の球体ジョイント部もきちんと塗装しておきましょう。

デスサイズバックパック可動1 デスサイズバックパック可動2

バックパックサイドのウイング部分は可動します。
一体何の機能があるのでしょうか?

デスサイズバックパックマウント1 デスサイズバックパックマウント2

バックパック中心にはビームサイズをマウントするためのマウンタが装着できます。

デスサイズバックパックマウント3

ここは塗膜をもっていかれる可能性があるので
塗装前のすり合わせをきtんとしておきましょう。

デスサイズ上から2

デスサイズは肩幅の関係上このアングルが一番カッコイイですね。
黒色のボディに白いマーキングが映えます。

デスサイズ上半身1 デスサイズ上半身2

メインカメラやツインアイは
付属のシールを切り出して貼り付けています。
以前は塗装表現が多かったのですが
最近はキラリとするので専らシールを貼り付けるようにしています。

デスサイズフル装備5

赤色はかなり薄めのものを使用し
完成するまでどうなるか心配でしたが杞憂に終わりました。
全く持って問題なさそうです(笑)

デスサイズフル装備6

ビームサイズを装着すると
バックパック上部に干渉しがちなので
少し開き気味にした方がしっくりきます。

デスサイズフル装備7

今回は艶消し仕上げにしましたが
使用したガイアの ブルーイッシュブラック の良さが写真でどこまで伝わるかどうか。。。
見る角度によっては紫色っぽく見えます。
多分艶消しによる光の乱反射で見えにくくなってしまっているのが残念。
デスサイズヘルを作る時は艶有りにしてみようかと検討中。
でも機体の性質上艶消し仕上げが正解なんでしょうが・・・。

デスサイズクリアランス1 デスサイズクリアランス2

肩の装甲内部は結構目に付くところなので
装甲色に塗り分けておけばそれらしく見えます。
黄色のままだと少々興ざめです。

肘関節部分はきっかりとクリアランス処理した後
グリスアップを行っているため
可動させても塗膜はげの心配がありません。

デスサイズクリアランス3 デスサイズクリアランス4

膝関節部分も同様に処理スミ。
足首のアンクルガードは仮組みの段階で
どこら辺が干渉するのか見極めておく必要があります。
私は当たりそうな部分をごっそりヤスリで削っています。
デザイン的に目立たない部分なのであたりそうな部分はヤスっておきましょう。

デスサイズマニピュレーター1

今回もマニピュレーターは固定式のものが採用されています。
親指のみ可動で残りの4指が固定式。
左右4種類ずつついています。

デスサイズマニピュレーター2 デスサイズマニピュレーター3

左の画像が握りこぶし。
右の画像が4指内にでっぱりがあって武器を保持できるタイプ。

デスサイズマニピュレーター4 デスサイズマニピュレーター5

左の画像が半開きの握り手。
右の画像が平手。
表情豊かでアクションポーズをとらせる時に重宝します。

デスサイズ武装

武器は2種類でバスターシールドとビームサイズが付属します。
バスターシールドってついついガンバスターを思い出してしまうのは私だけ?

ビームサイズ

ビームサイズ。
握る部分は艶消しにしています。

ビームサイズ2 ビームサイズ3

ビーム発振部分は メタリックブラック で塗装して材質の違いを表現してみました。
ビームエフェクトパーツを装着するとこんな感じになります。
正直デカイです。

ビームサイズ4 ビームサイズ5

ビームエフェクトパーツはグラデーション塗装をしています。
パーツを切り出したままのものと比べたら一目瞭然のカッコよさです。

バスターシールド1 バスターシールド2

バスターシールド。
先端部分は黄色の指定でしたが
TV版イメージを重視してグレーにしています。
黄色はないわ。

バスターシールド3

先端部分は歯車のかみ合わせによって連動して開きますので
基部の開き角は同じになります。

バスターシールド4 バスターシールド5

ビームエフェクトパーツを装着。
こちらもグラデーション塗装スミ。

バスターシールド6 バスターシールド7

裏側のダボ穴に差し込む仕様です。

デスサイズ上半身3 デスサイズ下半身

マーキング類がたくさんあってカトキ氏の熱意が伝わります。
というより彼はデザインの天才ですね。

デスサイズ全身

デスサイズ全身2

デスサイズ上半身4

デスサイズ終了

以上、長くかかりましたが
MG ガンダムデスサイズEW版
完成品レビューでした。
明日はアクションイメージをレビューしていこうと思いますので
ご期待ください!!

カラーレシピ
C:クレオス、G:ガイアカラー、F:フィニッシャーズカラー
: ニュートラルグレーⅠ(G)
:ブルーイッシュブラック(G)
:Exホワイト(G) → ハーマンレッド(C)+Exホワイト(G)
:Exホワイト(G) → キアライエロー(C)+黄橙色(G)+Exホワイト(G)+蛍光ピンク(G)
:Exホワイト(G) + Exブラック(G)
メタリック:Exブラック(G) + Exシルバー(G)
関節グレー: ホワイトサーフェイサー1000+Exブラック(G)+フラットベース(C)

スミ入れはエナメル塗料にて
白 には ホワイト+ライトグレイ
赤・黄 には フラットブラウン
青 には ブルー+フラットブラック

クリアパーツ部分以外は Exフラットクリアー(G)で艶消し仕上げ。


・MG ガンダムデスサイズEW版 製作記① (仮組み)
・MG ガンダムデスサイズEW版 製作記② (マルチプライマー塗装)
・MG ガンダムデスサイズEW版 製作記③ (サーフェイサー吹き1)
・MG ガンダムデスサイズEW版 製作記④ (サーフェイサー吹き2)
・MG ガンダムデスサイズEW版 製作記⑤ (フレーム塗装)
・MG ガンダムデスサイズEW版 製作記⑥ (黒塗装)
・MG ガンダムデスサイズEW版 製作記⑦ (白・メタリックブラック塗装)
・MG ガンダムデスサイズEW版 製作記⑧ (マスキング&赤・黄塗装)
・MG ガンダムデスサイズEW版 製作記⑨ (リタッチ&パイロット塗装)
・MG ガンダムデスサイズEW版 製作記⑩ (スミ入れ)
・MG ガンダムデスサイズEW版 製作記⑪ (ビーム部分の塗装)
・MG ガンダムデスサイズEW版 製作記⑫ (パイロットへのスミ入れ)
・MG ガンダムデスサイズEW版 製作記⑬ (デカール貼り)
・MG ガンダムデスサイズEW版 製作記⑭ (トップコート&組み立て)
・MG ガンダムデスサイズEW版 完成①◀
・MG ガンダムデスサイズEW版 完成②

    

    

人気ブログランキングへ
関連記事

tag : ガンダム ウイング ガンプラ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様です。
楽しみにしていました、完成おめでとうございます!!

カラーリングの変更で、まさにヘルの強化前って印象になりましたね~。
TY版の方がなじみ深いのでこっちの方がしっくりきます。

いつもの作例と違わず、色の置き方に”正当性”が感じられ、
キャラクターというより芸術品といった印象を受けます。

サンドロックも期待してます。
これからも勉強させてください!!

No title

ついに完成おめでとうございます。

色のアレンジのハマり具合がピッタリですね。

素晴らしい配色の仕方だわ~

惚れ惚れします。

No title

完成おめでとうございます。
配色の変更とブルーイッシュブラックが見事にマッチしてますね。
機体から感じるダークヒーローな雰囲気がたまらなく格好よいです!
次回作も期待してます。

No title

完成お疲れ様です。

やはりデスサイズはこの色があいますね。

自分は黒色と鎌(と言うか、死神?)が好きなのでデスサイズは大好きです。

自分も手早くかつこんなふうに綺麗に制作できるようになりたいです。

MATIO様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

TV見ていましたらやっぱりこの色合いですよね。
カトキ氏は一体何故あのようなご乱心を・・・。

配色については自分なりのルールを考えつつやってはいますが
『芸術品』はちょっといきすぎです(汗)
でも嬉しかったりして(笑)

サンドロックについては一応予約していますが
配色の検討をしたいことと
デカールの発売を待ちたいと思っていますので
完成は少し先になりますが
必ずこちらでレビューしたいと考えております。
全機揃えて記念撮影したいですね!

BIT様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

TV版とデスヘルから考えると
この配色が自然かと(笑)
でも私、色彩感覚ゼロなので
完成まで色が合うのかどうかわからず
ヒヤヒヤしながら塗装しています。
皆様のように卓越した改造技術がないので
せめて塗装は頑張っていこうと思っていますので
色々指摘等していただければ幸いです。

ヴぁると 様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

ブルーイッシュブラック初めて使ってみましたが
これがまたいい色でして
おそらく艶有り塗装でその真価が発揮できる塗料かと思われます。
また他のキットでも使っていきたいと思います!!

デスサイズはデュオの明るいキャラクターが反映されながらも
死神の容姿であるギャップがたまりませんね。
デスヘルも頑張って作っていきたいです!

アルシェン様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

デスサイズ、私も好きですね。
あまり黒いガンダムってないので。
(Mk.Ⅱは紺色ですから!)
このサイトを作ってから正直時間配分がかなりタイトです(汗)
いままでは自分の好きに作っていたので
製作スピードも遅かったのですが
サイトにアップすることを考えますと
改造なんてしてられなくなります(涙)
サイト更新を中断してすごいのを作りたい気持ちもありますが
当分こんな感じでやっていこうかと今は思っていますので
お付き合いくださいね。

No title

う~ん、カッコいい!
僕は本体のデザインはEW版、配色はテレビ版のデスサイズがすきなので
このデスサイズは理想そのものです
いや~本当にカッコいい!

栗ごはん様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

すごく前の記事へのコメント嬉しいです!
私も同じ意見で勝手に自分好みの配色にしてしまいました。
やはりヘルメットは黒色ですよね!
メニュー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数
オススメ商品








































最新記事
amazon お買い得おもちゃ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
広告
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

miffy.burian

Author:miffy.burian
いい歳して模型製作に
情熱をささげつつも
かわいらしいMiffyを
愛してしまう浮気者。

完成品&レビュー
Twitter
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
6位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
ネットでの出会い