MG シェンロンガンダムEW版 完成①

トビラ

長らくお待たせしました。
ついに完成となりました
MG シェンロンガンダムEW版
いよいよレビューです!!

シェンロン1

まずは武装なしの状態4面。
薄めの塗料で塗っているのでパステル調になっています。

シェンロン2

転写式ドライデカールは
水転写式デカールに転写して使用。
シェンロン用の発売を待ってから作ったほうがいいですよ(苦笑)

シェンロン3

ドラゴンハングとシールドを外すと
なんとも味気ないデザインなんでしょう。
でもさすがカトキ氏。
面の構成などが絶妙です。

シェンロン4

型式番号の『XXXG-01S』は肩に貼り付け。
胸に貼る勇気はなかったです。

シェンロン5

次は武装した状態のレビュー。
この角度がなんともカッコイイ!!

シェンロン6

一気に戦闘力が上がったのがわかります。

シェンロン7

全体的にパステルトーンを目指しましたので
設定カラーとは違って落ち着いた感じになりました。

シェンロン8

シールドが丸くていかにも 中国 って感じですね。
このシールドのデザインも
画稿ではよくわかりませんでしたが
立体化されるとすごく美しいです。

シェンロン9

ビームとライデント はランドセル中央に取り付けることができます。
取り付けようパーツは選択式。

シェンロン10

ドラゴンハング。
設定が発表された当初はシールドと同じく
どんな構造をしているのか画稿だけではよくわかりませんでした。

シェンロン11

激しく動かしてポーズをつけると
ドラゴンハング と トライデント が当たってしまいます(涙)

シェンロン2 シェンロン6

塗装前後の比較です。
設定からの変更点は
① 胸部中央を金色に変更
② 肩上部を 白色→青色に変更
③ 肩装甲内部の青色パーツをグレーに変更
④ 股間パーツの赤色・白色→白色・赤色・白色に変更
⑤ 膝パーツ下側をグレーに変更
⑥ 下腹パーツ 青色→白色に変更

シェンロン4 シェンロン9

⑦ シールドに一部グレーを挿入
⑧ 背部中央装甲の青色→青色・白色・青色に変更
⑨ トライデントマウント部の青色→メタリックブラックに変更
これぐらいの変更を行いました。
しかし!!!!
折角考えてやったのに
モデルグラフィックス作例で全く同じ配色のものがあったようです(涙)
細部まで同じなのでなんだか気持ち悪いですが
プロのモデラーと同じような配色になっていて
ちょっと嬉しかったりもします!
肩に貼った型式番号のデカールまで同じとはね。。。

シェンロン12

やっぱりシールでは余白を限界まで切っても
厚みのために接写すると目立ちますね。

シェンロン13

デカール部分はそんなに厚みが気になりませんが
シール部分(赤色マーキング)は厚みが少しあります。

シェンロン14

下腕パーツ。
手首は親指が可動式で
のこりの4本は固定になってます。
握り手や平手なで片方4種類計8個ついています。
スッカスカでデザインが悪くなる可動式のことを考えると
この差し替え指は正解だと思います。

シェンロン15

シールド。
サイドのグレーはエナメル塗料により塗ってます。
(はみ出しても修正が効くようにね)

シェンロン16

バックパック。
各部にメタリックブラックを入れて単調にならないようにしています。

シェンロン17

背部中央は配色を変えていますので私的には納得です。
余ったデカールをアーマー部分に貼っています。

シェンロン18

左モモ外側にも余ったデカールを貼り付けました。
『オペレーション・メテオ』なんて機体に書くとは思えませんがね。。。

シェンロン19

脚部先端にはダクトがある特異なデザイン。

シェンロン20

足裏ディテールもしっかり塗り分けています。

シェンロン21

この角度もカッコイイなぁ。

シェンロン22

トライデントを付けない時は
こちらのフタパーツを付けます。
メタリックブラックにて塗装。

シェンロン23

色分けパターンを変えているので新鮮ですね。

シェンロン24

膝部分はしっかりとクリアランス処理を行っているので
可動による塗膜はげは問題ないです。

シェンロン25

ドラゴンハングはこのように可動します。
大きいですがしっかりと下腕に固定されているので
ポロリはありません。

シェンロン26

肩や胸など曲線主体のおもしろいデザインです。

シェンロン27

下腕にしっかりと固定。

シェンロン28

腰アーマー等グレー部分も塗装しています。
ここはエナメル塗料で塗ったほうがマスキングで楽できます(笑)

シェンロン29

武器一式。
こうやって見ると最近のガンダムにしては
武装が少ないように感じます。

シェンロン30 シェンロン31

トライデントはビーム部分が別パーツです。
グラデーション塗装により立体感を出しています。

シェンロン32

ドラゴンハング。
折りたたみ式です。

シェンロン33 シェンロン34

ツメを開くとこんな感じになります。
緑の部分は龍の瞳のような意匠で
おそらくセンサーなんでしょうね。

シェンロン35 シェンロン36

シールドはすごい面構成で作り応えがありますが
パーツ数自体は少なくてよく出来ています。

明日はアクションポーズのレビューをしますので
ご期待ください!!!


カラーレシピ
C:クレオス、G:ガイアカラー、F:フィニッシャーズカラー
: ニュートラルグレーⅠ(G)
:Exホワイト(G) → ラベンダー(F)
:Exホワイト(G) → ハーマンレッド(C)+Exホワイト(G)
:Exホワイト(G) → キアライエロー(C)+黄橙色(G)+Exホワイト(G)+蛍光ピンク(G)
関節グレー: ホワイトサーフェイサー1000+Exブラック(G)+フラットベース(C)
メタリックブラック:Exブラック(G)+Exシルバー(G) → Exクリアー(G)
金色:スターブライトゴールド(G) → Exクリアー(G)

スミ入れはエナメル塗料にて
白 には ホワイト+ライトグレイ
赤・黄 には フラットブラウン
青 には ブルー+フラットブラック

クリアパーツ部分以外は Exフラットクリアー(G)で艶消し仕上げ。


・MG シェンロンガンダムEW版 製作記① (仮組み)
・MG シェンロンガンダムEW版 製作記② (サーフェイサー吹き)
・MG シェンロンガンダムEW版 製作記③ (青・赤・黄塗装)
・MG シェンロンガンダムEW版 製作記④ (マスキング塗装)
・MG シェンロンガンダムEW版 製作記⑤ (エナメル塗料による部分塗装)
・MG シェンロンガンダムEW版 製作記⑥ (部分塗装とパイロット塗装)
・MG シェンロンガンダムEW版 製作記⑦ (スミ入れ)
・MG シェンロンガンダムEW版 製作記⑧ (デカールへの転写)
・MG シェンロンガンダムEW版 製作記⑨ (ビーム部分の塗装)
・MG シェンロンガンダムEW版 製作記⑩ (組み立てとリタッチ)
・MG シェンロンガンダムEW版 完成①◀
・MG シェンロンガンダムEW版 完成②

    

    

人気ブログランキングへ
関連記事

tag : ガンダム ウイング ガンプラ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いやぁ、相変わらず完成度高いですね。
パステル調の色彩もあってて上品な感じに
仕上がってるって感じます。


シェンロン持っているんですけど、シールが
出てないんで、ご忠告通り水転写シールが
発売されてから作ろうと思います。



次の作品を楽しみにしてます♪

No title

カッコイイ!!

かっこよすぎる!!

いつかこんな風に作ってみたいです。

次の作品も楽しみにしています。

あと、製作過程が書かれていて勉強になります。

No title

完成お疲れ様です。
相変わらずのきれいな仕上がりですね。すばらしいです。
通常のカラーリングと少し違うとこがまた良いですね。
通常も好きですが、こちらも良いです。
次回作にも期待してます頑張って下さい。

No title

こんにちは。
初めてコメントさせて頂きます。
いやぁ、完成度高いですねぇ。
塗装もかなりのクオリティー!
シェンロン欲しくなっちゃいました。
でも昨年、ウツやってからはプラモは
作れてないんですよねぇ。
前はエアブラシ使いこなしてガシガシ作ってたのに・・・
今でも玩具売り場へ行くとついついプラモコーナーに行ってしまいます。
買わないくせにね。
またおじゃましますね♪

ニイタソ様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

最近パステル調に凝ってまして
シェンロンでも試してみましたが
結構サマになって良かったです。

ガンダムデカールのシェンロン用がまだ発売されてないので
作るのならおっしゃるとおり発売を待ってからの方が
間違いなく見栄えがよろしいかと。
私は待ちきれませんでした。

次回作も頑張りますね~。

BIT様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

お褒めの言葉、すごく嬉しいです。
最近、『製作記』って人の役に立っているのかどうか少々疑問があって
フォーマットを検討すべきか考えているのですが
何かご意見ご感想等あれば教えていただきたいです。

そちらのサイトにもまたお邪魔させてくださいね。
ではでは。

零神 様

こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

カトキ氏のこのデザインはすごいと思ったのですが
なんだか色がちょっと気に入らなくて変えちゃいました。
デスサイズもヤスリがけ終了していますので
塗装する時は当然黒メットでいきます!!

次回作、かなりすすんでおります。
また製作記をアップしていきますね!

よーきー様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

お久しぶりです。
と言ってもかなり以前にコメさせていただいただけなのですが。

玩具レビュー拝見しています!
こちらこそまたお邪魔させてくださいね。

No title

完成おめでとうございます、楽しみにしてました!
パステルカラーが非常に素敵ですね!!

僕は完全にpooh熊谷氏のカラーリングを真似て作っているのかと勘違いをしてました(ゴメンナサイ!)
このカラーリングをご自分のセンスでひねり出したとなると、センスはプロ並みってことですね!!

それにしても写真が綺麗…
こんな撮影技術が欲しい。
照明には何を用いられているのでしょうか?

MATIO様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

真空飛び膝蹴りの後遺症は大丈夫でしょうか?(汗)

私もモデグラ見た時びっくりでした。
pooh熊谷氏の方がマーキングセンスがあって勉強になりました!
以前、モデグラで色調の適正化という記事があって
それにのっとって色を考えてみました。
多分そのせいで同じ物になっちゃんたんでしょうね。

写真、褒めていただくとすごく嬉しいのですが
正直技術やカメラの性能について再考しているところです。
というのも、デジカメでは赤系にふった青色が上手にでないので困っています。
もっと腕を磨き、お金があったらデジ一欲しいです。
ちなみに照明は学生時代に机を照らし
私を大学に導いた(←そこまでたいそうな物でもない!)
卓上スタンドを右斜め上から当てています。
フォトラが欲しいっす!

はじめまして~

こちらでははじめまして、コメントありがとうございましたーっ☆

すごく塗装が綺麗です。
主張しすぎないスミ入れの塗料の作り方、すっごく参考になります。
濃すぎても薄すぎても、大きく印象変えちゃいますもんね~。
同系色の彩度を落とすんだ…メモメモ。

あといきなりで失礼かと思いつつ、ちょと気になったことでも~。
コーションデカールとかのテトロンシール後のトップコートを少し厚めにして、もっとギリギリまで余白を切るとかなり目立ちにくくなると思います。
私も面倒なので、ほとんどそこまでやらないですけど…。

良いモノ見せていただきました☆

アスカ様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

なるほど、もう少しギリギリを狙って切り取って
トップコート厚めですね。
了解しました!!
そもそも水転写デカールが売ってれば
全て問題解決なんですけどね。。。
メニュー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数
オススメ商品








































最新記事
amazon お買い得おもちゃ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
広告
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

miffy.burian

Author:miffy.burian
いい歳して模型製作に
情熱をささげつつも
かわいらしいMiffyを
愛してしまう浮気者。

完成品&レビュー
Twitter
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
6位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
ネットでの出会い