FC2ブログ

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン 購入①

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン1

最近NEWキットも気にはなるのですが
安くて味のある旧キットもいいなぁと思っています。
中古となると元々安い価格がもっと安いですしね
(一部プレミア価格のものもありますが・・・・)

ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン

ワンコインだったために即購入!
当時作った記憶が蘇りますね~。
それではどんなキットなのかランナー紹介をしていきます。

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン2 旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン3

まずはボックスの側面から。
うむ、0083シリーズ安定のカッコ悪さ!
これでもGP-01の時よりはマシになったんだからなぁ。
やっぱり胴が短いんだよね。
いやいや各造型もツッコミしか浮かばない。
肘部分なんかポリキャップむき出しだしね。
この辺りはステイメンでリベンジされるんですが。

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン4 旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン5

このキットはGP-01へ換装もできるんですよ。
頭部と腕部以外はそのまま入っています。
何て太っ腹な!!
これならこちらを買っておけばGP-01買わなくていいよね。
右画像のようにバックパックを組み替えてコアファイターⅡにもできます!
この造型についてはかなりイケてます。
個人的には映像のようにブーストポッドがもっと大きい方が造形的に好きかな。

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン6

MGのようにGP-01に靴を履かせる仕様ではありません。
胸部リバーススラスターは可動ではなく差し替えにて再現。
スラスターが突き出た状態の方が好きですね~。
当時設定資料っぽいラフがすっぱ抜かれた事があって
胸部にはフィンがあるのが当然だったのに
ここにスラスターがある事に衝撃を受けたのが懐かしいです!

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン7

0083シリーズのインストはこれでしたよね~
冊子になっていないのは斬新でしたが
GP-01、GP-02Aのおかげで 『安っぽい』 というイメージがついてしまったかな。
やっぱり完成写真がいっぱい入ったインストの方が燃えますよね。
右下のコアファイターⅡだけアニメ設定をそのまま持ってきているため
すごく色合いがリアルだ(笑)

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン8

裏側はこんな感じになっています。
狭い製作デスクでこれは嫌われる仕様かもしれませんね。
やっぱり冊子の方がいいかも。

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン9

それではランナーを見てきましょう。
A1・A2ランナーです。
フルバーニアンになって追加となったランナーです。

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン10 旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン11

各パーツを見ていきましょう。
左画像は腹部~腰部のパーツですが
腰の回転可動は死んでいますね。
ここは切り離してボールジョイントを仕込むのもいいですが
あえて当時の仕様をそのままってのもいいな(笑)
右画像はフロントアーマーパーツです。
造型はいいですね。
裏打ちパーツがないためチラリ対応はできていません。

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン12 旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン13

ブーストポッドパーツです。
可動部分にポリキャップがむき出しで見えるのがちょっと・・・ですが
中身は空っぽなので重みで垂れ下がってくる事は無いです。
右画像のように小さなスラスターの造型はイマイチです。
ここはMGでもそうだったので
くり貫いて裏側に反らせたプラ板を貼って
市販のスラスターパーツを設置した方がいいでしょうね。

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン15 旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン16

脚部パーツです。
GP-01では股関節は軸でしたが
このフルバーニアンはボールジョイントになっています。
膝裏部分は塗装が必須です。
膝アーマーにある赤色のスリットは左右合わせなので
きちんと合わせ目消しが必要になっています。
気合いの入っている人ならここをくり貫いて
クリアーパーツをはめるんだろうなぁ。

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン14

コアファイターⅡは非変形モデルです。
画像の機首パーツはかなり鋭角で長い造型なのでカッコイイです。

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン17

お次はBランナーです。
こちらもフルバーニアンになって追加となったパーツで
いろプラ仕様になっています。
青色・黄色・赤色・灰色の4色が入っています。

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン18 旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン21

左画像は胸部パーツです。
当然ですが中央のV字は別パーツになっていません。
ここの塗り分けが地獄なんですよね。
削り取って市販パーツを黄色に塗装して瞬着の点止めがいいのかな?
右画像は胸部スラスターパーツです。
リバーススラスター部分がせり出したのと収納したのが差し替えで再現できます。

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン19 旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン23

フルバーニアンになってから左画像のように
コクピット部分が赤色になりましたので
きちんとパーツ分割にて色の再現が成されています。
右画像は靴パーツです。
GP-01に靴を履かせたようなデザインですが
あまり大きくなり過ぎないように細身になっています。
白色部分との塗り分けが面倒そうですね。。。

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン20 旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン22

左画像はバックパックパーツです。
コアファイターⅡに装着するため上部に変形用可動部があります。
右画像は肩アーマーパーツです。
やっぱり先端にあるスラスターは造型が甘いです。
3箇所突き出すスラスターは収納状態になっていますから
個人的には市販パーツで展開状態を再現したいですね。

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン24

お次はC1・C2ランナーです。
これはGP-01のランナーそのままです。
なんとお得なんだ!!

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン25 旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン26

左画像は頭部パーツです。
なんとブサイクなんだ・・・・
HGUC版もアゴがデカすぎて好みではありませんが
とにかくこれはデカイしブサイクだわ(笑)
フェイス部分だけでも切り取って他のガンダムから持ってくるか?
右画像は腹部~腰部パーツです。
当然腰の回転などはありませんし
フロント・サイド・リアアーマーの可動すら死んでいます。
パーツを抑えるのはいいけど
ここまでやるとむしろ潔し!

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン27 旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン28

腕部パーツです。
左画像は上腕パーツで、右画像は前腕パーツです。
これらはフルバーニアンとも共通となるパーツです。
ともにモールドを挟みながらの左右モナカなので
接着→合わせ目消しが面倒な仕様になっています。

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン29

股関節の軸パーツと肩アーマーパーツです。
この軸パーツはファースト世代には懐かしく見えますが
この時期では股関節はボールジョイントが主流になってきていたため
当時すごく退化したなぁという印象を受けました。
肩アーマーは前後貼り合せなので上部のモールドなどの処理が大変そうです。

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン30 旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン31

脚部パーツです。
しっかりとしたモナカ仕様!
合わせ目消し不可避です。

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン32 旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン33

赤色パーツなんてないので
ソール部分はきちんとマスキングして塗り分けが必要です。
足首の接続方法も凄く懐かしい感じですね(笑)
右画像はビームサーベルパーツです。
短い・・・短いよ・・・・・・・。
0083第一話のラストシーンの再現なんて不可能だ!!

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン34

最後はDランナーです。
潔いパーツ構成なのがぱっと見で分かります。

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン35 旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン36

左画像は胸部パーツです。
これどうやって塗り分けしたらいいんだろうってぐらいのパーツだわ。
黄色と白色の塗り分けが地獄です。
右画像はバックパックパーツです。
これはまぁ問題ないかな。

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン37 旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン38

左画像はビームライフルです。
薄ライフル先輩にならないよう左右貼り合わせになっています。
しかしサイト部分まで割るか?
右画像はシールドです。
当然と言えば当然ですがマスキングが必要です。
でもここは直線が多いので塗り分けはそれ程苦ではないかな。

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン39 旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン40

ハンドパーツのこの硬さ・・・・
ここは当然HDMなりMSハンドなりに置き換えが定石でしょうね。

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン41 旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン42

ポリキャップとシールです。
シールはちょっと酷いデキだなぁ。
灰色部分などアニメか!!と突っ込みたくなる(笑)

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン43

そしてこのキット、再販ではなく当時キットだったようで
広告が入っていました。
すごく懐かしいぞ!!!!

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン44

ラッキーBOYはだれだ!?
もうBOYじゃないけどね(笑)
当時は少年でしたが・・・・
下敷ってね。
でも欲しいなコレは(笑)

旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン45 旧1/144 ガンダム試作1号機 GP-01Fb フルバーニアン46

広告がもう1枚入っていました。
テッカマンブレードォォォォォォォォ!!!!!
『1度見たらもう抜け出せない』、まさにそうでした。
当時見てましたね~
無印テッカマンも好きでしたがこちらのブレードも好き。
ボルテッカァァァァって叫びませんでしたか??

友人がDVDボックス買って貸してくれたっけ(笑)
ブラスター化の辺りとか凄まじい面白さ。
このアニメ毎回毎回作画監督の個性が凄すぎて
キャラの画像が安定しなかった記憶があります。
OP作画と全然違うんだもん(ドラグナーもうそうだけどさ・・・)
特に第48話の『壮烈!エビル死す』の作画がね(笑)
もう誰だか分からないレベル。
コスチュームと声優が頼りでしたわ。

プラモデルのデキもすさまじかったな。
全4種でしたが持っていましたよ。
買いなおしたくなりました!

    





人気ブログランキングへ
関連記事

tag : ガンプラ ガンダム 製作

コメントの投稿

非公開コメント

メニュー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数
オススメ商品








































最新記事
amazon お買い得おもちゃ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
広告
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

miffy.burian

Author:miffy.burian
いい歳して模型製作に
情熱をささげつつも
かわいらしいMiffyを
愛してしまう浮気者。

完成品&レビュー
Twitter
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
7位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
ネットでの出会い