旧キットまた買いました!

旧キットまた買いました!

ちょこちょこ手を動かしてはいますが
塗装が進まず完成までこぎつけないというのに
購入だけはしっかりしてしまっているため
在庫がすごい事になってきている今日この頃。。。。

またまた買ってしまいました。
店頭で見たらついついね。
しかしこのボックスアートは買うわ。
懐かしすぎるもの(笑)
ではではどんなキットなのか見ていきましょう!!



1/100グフ1

1/100 改良強化新型 グフ

定価:800円(税別)

『改良強化新型』
によってザクとは違うのだという主張がすごいキット(笑)
最近のスラリとしたプロポーションではなく
当時の絵の感じがすごくいいです!
右腕からヒートロッドへの流れるようなフォルムとか最高っす!

1/100グフ2

インストには当時としては主流だった
ランナー状態に塗装の画像が掲載されています。
もともと当時のジオン系MSはメインカラーとそれより少し濃いカラーだったため
1/100となると部分塗装で済んでしまうのが良かったですよね。
このキット、実は当時兄が製作しておりまして
すごく思い出深いキットなのです。

1/100グフ3 

胴体は当然前後モナカです。
フロント・サイドともに可動部はないですが
かなりグラマラスな造型。
動力パイプの基部だけはちょっと手を加えた方がいいかな。
コクピット部分の上の黒い部分は当然別パーツになっています。
コクピットのオレンジ部分をヒートプレスなどでクリアーパーツ化する猛者もいるんだろうなぁ。

1/100グフ4 1/100グフ5

ランナーかと思いきや端の部分はヒートロッドになっています。
右画像のように曲がった状態のも付属しています。

1/100グフ6 1/100グフ7

左画像のようにヒートサーベルは柄と刃が別々になっているため
塗装派にも嬉しい作りです。
右画像はショルダーアーマーパーツ。
1/144のように内部の肩パーツと一体ではなく
きちんと別パーツになっています。
ただ、最近のMGのような合わせ目の出ない構造ではありませんので
接着→合わせ目消しが必要なのは当時キットのトレンド(笑)

1/100グフ8 1/100グフ9

前腕パーツです。
左腕の方(左画像)は穴が開いていて
その部分にシールド基部がはまるようになっています。
それにしても最近のキットと比べてシールド基部ほっそ!

1/100グフ10 1/100グフ11

スネのパーツはこんな感じ。
金型の経年劣化なのか先端にバリが発生していました(右画像)
左右に付くスラスター(?)は別パーツになっています。

1/100グフ12 1/100グフ13

左画像は頭部パーツです。
真ん中で割るのは合わせ目消ししにくいなぁ。。。
せめて上下とかが良かった。
モノアイ部分の塗装を済ませてからマスキングして
頭部パーツを接着するのがいいんだろうね。
右画像は太ももパーツです。
しっかりとカクカクしております。
膝裏のジャバラもモールディングされています。

1/100グフ14 1/100グフ15

左画像は動力パイプです。
バリが結構あって気になりますね・・・。
右画像はシールドです。
濃い青色はマスキングして塗り分ける必要があります。

1/100グフ16

フィンガーバルカンは気持ち小さめな造型。
パイプなどで作り直した方がカッコいいかも。

1/100グフ17 1/100グフ20

左画像は胸部パーツ。
色分け要らずな別パーツ、いいですね!
右画像は爪先パーツ。
当時の1/100キットってここを分割して
色分け再現してくれるのすごく嬉しかったのですが
青いパーツとの合いがイマイチなんですよね(ザクもそうですが)。。。
なので間にパテ盛ったりする必要があるかも。

1/100グフ21

膝の黒い部分も別パーツになっています。

1/100グフ18 1/100グフ19

モノアイの可動はありませんが
モノアイレールが別パーツになっていて
付属のシールを貼る事で結構カッコよくなるんですよ、このキット!

1/100グフ23 1/100グフ22

箱の完成画像も撮影してみました。
左画像なんて美しすぎますわ。
ただ脚部の接地性はイマイチなので
足首部分にダブルボールジョイントでも仕込んだ方が良さそう。

右画像はアクションポーズです。
なんだか窮屈そう・・・・(汗)
これで関節が自由に可動と言ってしまうあたりがいいですよね!
腕が短いのか?
やっぱり立ち姿が最高なのでアクションいらないな、旧キット。

1/100グフ24

ヒートサーベル持った素立ち画像。
上半身が大きめのマッシヴ体型です。



1/100ゴッグ1

1/100 ゴッグ

定価:800円(税別)

『ゴック』 ではなく 『ゴッグ』 です。
でも当時の設定資料には 『ゴック』 の表記もありますがね・・・。
ボックスアートのこのヌラリとした感じが懐かしい。
手前に人が描かれていてMSのすごい威圧感が(汗)

1/100ゴッグ2

インストの塗装見本はこんな感じ。
腹部が結構鬼門となるキットです。
レッドブラウンの成形色のプラに
オーカー塗った後
メガ粒子砲とかも塗り分けがあるわけですから・・・・
バックパックのミディアムブルーは懐かしいですね~。
当時塗料ほとんど持っていませんでしたが
この色はよく使うので買いましたよ!

1/100ゴッグ3 1/100ゴッグ5

頭部はMGでもそうでしたが
すばらしいヌキ具合で合わせ目が出ません。
肩アーマーも一発ヌキ!
左右で形が違うため注意が必要です。

1/100ゴッグ4 1/100ゴッグ6

そう!!コイツなんですよ!!
塗り分け大変ですよ。
まあ腹部の塗り分けは頑張るにしても
メガ粒子砲は円形なのでマスキング面倒だわ・・・。
どうせ中身空っぽだからくり抜いて
円形の市販パーツを裏側から貼り付ける方が
塗装の便はいいかもしれません。
背部には大穴が開いていますので
ムギ球でもLEDでもなんでも仕込めます(笑)

1/100ゴッグ7 1/100ゴッグ8

アイアンネイルは上下で貼り合わせになっています。
結構バリがありますね。
まぁ、接着→合わせ目消しが必要な部分なので
そんなに気になりませんがね。
腕は伸縮できるようになっています。
MGのように可動部になっているわけではなく
円筒が重なっていて伸縮する機構です。
しかしMGの腕部はすごい衝撃でしたよね~
あの解釈はすばらしい!!

1/100ゴッグ9 1/100ゴッグ10

脚部は当然モナカなので合わせ目消しが必要です。
右画像のように膝アーマーは別パーツになっているため
塗装派にも嬉しいだけでなく
下部のフィン部分まで別パーツになっている気合の入れよう。
当時のスタッフの魂が垣間見れます。

1/100ゴッグ11 1/100ゴッグ12

関節部分はこのようなラチェット機構があって
カチカチと関節が固定されて動きます。
でもプラ同士の接続なので
何度も動かしていたらスカスカになっちゃいますね。
でも当時としては画期的な機構でした!

1/100ゴッグ13 1/100ゴッグ14

モノアイレールが別パーツになっていて
これをモノアイ前後パーツで挟みこんで固定します。

1/100ゴッグ15

靴の部分も塗装要らずの別パーツです。

1/100ゴッグ16 1/100ゴッグ17

完成品画像も撮影しておきました。
う~ん、オムツ大きいな(笑)
1/144と違ってかなり卵型の体型になっています。
股関節の接続が斜めなので開脚が絶望的。
膝の回転でごまかすしかなさそうです。



1/100ザクキャノン1

1/100 ザクキャノン


定価:1000円(税別)

MSVは1/144もそうですが
ボックスアート見ただけで買ってしまいますね・・・。
なんてカッコいいんだ。
当時洗礼を受けているためか再販される度に買っているような気がします。

1/100ザクキャノン2 1/100ザクキャノン3

インストもカッコいいぞ!
ランナー状態での塗り分けからは卒業(笑)し、
きちんと完成写真が掲載されています。
そしてマーキングもびっしり!
緑色で塗ってもOKだ!

1/100ザクキャノン4

機体解説も充実していて
MSVのキットを買った少年の心を鷲掴みにします。

1/100ザクキャノン5 1/100ザクキャノン6

頭部は左右分割なので
合わせ目バッチリです!
アンテナはいい感じの造型。
パーツの番号が100を超えている!
当時は 『A⑫』 とかってランナー毎の採番がなかったのね。

1/100ザクキャノン7 1/100ザクキャノン8

左画像はスネパーツ。
難しい形状を一発で抜いているのがいいですね~
右画像はバックパックパーツ。

1/100ザクキャノン9 1/100ザクキャノン10

左画像は胴体パーツ。
脚部は挟み込みではなく下からはめ込むタイプ。
なので腹部辺りにポリキャップかまして
後ハメ加工するといいですね。
右画像は太ももパーツ。
通常のザクとは違って少し角ばった形状をしています。

1/100ザクキャノン11

小さいアンテナのこの細さ。
安全基準って今と同じなのか??

1/100ザクキャノン12 1/100ザクキャノン13

動力パイプはモナカです。
ここはMGのようなのに置き換える人が多いのでしょうが
自分はこのままのが好きかな。

1/100ザクキャノン14 1/100ザクキャノン15

左画像は足首から下部分のパーツです。
右画像は前腕パーツ。

1/100ザクキャノン16

ショルダーアーマーパーツです。
鋳造表現する人多いだろうなぁ。

1/100ザクキャノン17 1/100ザクキャノン18

マニピュレーターパーツですが
平手があるのがすごくいいですね!!

1/100ザクキャノン19 1/100ザクキャノン20

武装も抜かりない造型。
黒鉄色のような成形色もGOOD!

1/100ザクキャノン21

モノアイレールは当然別パーツです。

1/100ザクキャノン22 1/100ザクキャノン23

そしてMSVのいい所は
左画像のように水転写式デカールが付属するのです!!!
これだけでも買い!
右画像のような謎のパーソナルマークのシールまで付属するぞ!
(どう使えっていうんだ????)

1/100ザクキャノン24 1/100ザクキャノン25

完成画像も撮影しておきました。
カッコいいですよね。

1/100ザクキャノン26 1/100ザクキャノン27

右下の 『やあ、元気かい?』 って感じも当時のポージングの面白さ!







人気ブログランキングへ
関連記事

tag : ガンプラ ガンダム 製作

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ。

買いましたねぇ~

>>金型の経年劣化なのか先端にバリが発生していました

そういえば、最近の柔らかいプラはどうなのかな?

いえね、今僕が組み立ててるアレでも、ちょっことですけどバリが発生してましたので、
どうなのかなぁ~と。。。

>>当時の1/100キットってここを分割して
>>色分け再現してくれるのすごく嬉しかった

そうでした♪

僕はザクでしたけど、色分けされていて、子供の僕でも手に入る値段とで、当時嬉しか
ったものです、

>>当時塗料ほとんど持っていませんでしたが
>>この色はよく使うので買いましたよ!

そうそう(笑)、よく使ってました。

僕の場合はマゼランのエンジン、これでよく塗ってました。

>>機体解説も充実していて

当時、どれにこういう解説が載ってるのか?
よく分かんなくて、解説あれば喜び、無ければ落胆してましたね(苦笑)。

いやぁ~懐かしいもの観れました。

所で、コトブキヤのあれは購入されたんですか?

トゲだったか?ツメだったか?のロボットシリーズ・・・。

確か前に、出たら欲しいといってた気がしたんですけど・・・
違いましたかね?

No title

更新お疲れさまです(≧∀≦)

旧キットは、見かけると買いたくなっちゃいますよね♪
ボックスアートが格好良いのが多いですし。
しかし、こうやってみていると何かしら私も買いに走りたくなります^^

そして今年も一年リンクして頂いて、ありがとうございます。
どうぞ来年も宜しくお願いします^^
それでは良いお年を~♪

No title

大晦日ですね!

いやー、ボクは別に忙しくもないのに
今年の完成はメガ式一個っすわ(笑)

最近は、「よし!!簡単フィニッシュで作るぞ!!!」
って始めるんですけど、
ちまちまちまちました作業をどんどん追加しちゃうんで、さっぱり終わりません。
ヴィダールは完成させたかったなー…

ザクキャノンは1/144を作りかけで放り投げてあります(苦笑)
来年は塗装のみのキットがチラホラあるので、せめて5体ぐらいは完成させたいなーーーー。

まあ、なんにせよ。たとえ後悔はしても前進し続けるようでありたいです。
開き直りつつコッソリ軌道修正する、みたいな(笑)

ではでは、来年もそれぞれのペースで、
なによりも 「楽しく」 趣味を満喫して行きましょう。


miffyさんも、ここをご覧の皆さんも、
よいお年を!!!!!!!!!!!!!!!!!

No title

ザクキャノン購入ですか、自分はHGでミキシングしようと思い、144の方買いましたが結局制作しないで積んでる…。
ゴックはこの体系なら、水泳部一の萌えキャラ、アッガイにも対抗出来そうな気が…。

それでは、良いお年をお迎えくださいm(__)m

ななし様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

えっ!?
あのMAにもバリあるんですか!?
それは知らなかった・・・・
最近のキットでもある物にはあるんですね(涙)

コトブキヤのアレ、購入していますよ~!
あの後2種類発売されて両方ともゲットしております。
人気ないのか駿河屋でえらい安くなってますわ・・・

卯月サクラ様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

MSVは全部ボックスアートかっこいいので
かな~りオススメです!!

こちらこそ今年もリンクしていただきありがとうございました。
ほとんど更新しなかった1年だったため
何だか申し訳なく思っております。

今日も出勤してしっかりと働いてきました・・・
なかなか忙しくて時間がとれなく
記事書けない状況です。

来年こそは。。。

だんきち様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

百万式製作したんですね~
でも1個完成させたんですからすごいですよ!
こちらは1個も完成させられなかったですもの(汗)

なんとか時間作って
完成までこぎつけたいです・・・。
現在もMGいじくってはいますが
なかなか~

来年こそは完成させてやる~!!

今年もほんとうにお世話になりました。

影夜様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

ミキシングなんて高等技術!!
私にはできません(汗)
旧キット製作記事とかすごくやりたいんですけどね~
ほんと時間が欲しいっす!

今年も本当にお世話になりました!
来年もよろしくお願いいたします!!

No title

こんばんは。
また、渋いキットを調達しましたね。

今年は途中からお仕事、忙しくなって大変でしたね。
またじゃんじゃん作って更新してください。
あまり訪問してなかったんですが来年もよろしくお願いします。
もちろん、良ければですけど。

No title

旧キットのパーツ構成を見てると、バンダイにもこんな時代があったとしみじみ感じますね~。
今や、ニッパーとデザインナイフがあれば、簡単に出来上がる…
いい時代になったものだ…

グフがヒートロッドを使っているアクションが、大縄跳びをしているように見えます(笑)

今年もよろしくお願いします!
製作記も楽しみに待ってますよ~。

No title

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

旧キットはやはりボックスアートが魅力ですよね~♪ランナーも眺めながらどこに手を加えようか・・・なんて考えるのも楽しいです。
ザクキャノンのパーソナルマークは・・・何だコレw?どこに貼るんでしょうね?

No title

明けましておめでとうございます😄
正月から飛ばして?ますね~😃もちろんよい意味で🎵
グフ、ゴッグ共に設定どおりとまではいかないものの、設計者のセンスが光る好キットですよね。
ゴッグはモノアイ可動&腕の伸縮に当時驚きました。何気にラチェット機構を採用してましたしね😃
ザクキャノンは1/144を大きくしたようなイメージですが、武器満載?で当時の子供にはウケたのでは?当時としては平手も嬉しかったものです。
ポリキャップ採用以前の30年以上前のキットですが、この年になっても惹かれる旧キットの存在って何なのでしょう?
ちなみに私もしっかり2個づつ積んでます😭
メニュー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数
オススメ商品








































最新記事
amazon お買い得おもちゃ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
広告
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

miffy.burian

Author:miffy.burian
いい歳して模型製作に
情熱をささげつつも
かわいらしいMiffyを
愛してしまう浮気者。

完成品&レビュー
Twitter
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
5位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
ネットでの出会い