HGBF ライトニングガンダムフルバーニアン 完成1

HGBFライトニングFb完成トビラ

HGBC ライトニングバックウェポンシステムMk-Ⅱ製作記でしたが
いつのまにやら完成品レビューでは題名が変わってしまってますね(汗)
HGBF ライトニングガンダム フルバーニアン
ようやくこの形態でのレビューができる日が来ました!
それでは行ってみましょう!!

HGBFライトニングFb完成1

まずは今回製作しました ライトニングバックウェポンシステムMk-Ⅱ(以下BWSⅡと表記)です。
HGBCシリーズとしてはかなり満足度の高いキットです。
パーツ数は少ないながらも形状の良さ
パーツ裏側のモールドなどよくできています。

HGBFライトニングFb完成2

スラスターが後ろに集中しているのが分かります。
パーツの表裏で色を変える事で装甲とフレームの構造であるような表現としています。

HGBFライトニングFb完成3 HGBFライトニングFb完成4

先端にハイビームライフル用ロングバレルが設置された特異な形状です。
左右にはフレキシブルスラスターがあり
すさまじい推力と旋回能力が容易に想像できるデザインです。

HGBFライトニングFb完成5 HGBFライトニングFb完成6

もともと設定的にMSでも人が乗っていないので
当然BWSⅡも無人設定なのでしょう。
機首部分もおそらくセンサーとして設計されていると思います。
後部にはスラスターが多数あり以前のBWSよりも推力がかなり上昇しています。

HGBFライトニングFb完成7 HGBFライトニングFb完成8

出撃時にはライトニングガンダムの背部にドッキングした状態ですし
分離後相手にぶつけたりすることが多かったため
この完全な形状はあまりお目にかかれない機体です。

HGBFライトニングFb完成9 HGBFライトニングFb完成10

左画像のように機首にはハイビームライフルのロングバレルが懸架されています。
ここは板を差し込むだけの構造なため
クリアランスをよく見ておかないとスッカスカだとはまらなくなります。
機首の左右にはビームキャノンが設置されています。

HGBFライトニングFb完成11 HGBFライトニングFb完成12

左画像のビームキャノンですが
設定的には砲身からビームサーベルを発振する事もできるようです(インストにあり)。
でもカッコ悪いから私はしませんがね(キリッ!)
ハイビームライフル後部に接続してライフルの出力向上させるシーンが印象的でしたね。
本体には白いカバーパーツがあり
絶対ミサイルか何かが隠されているのでしょうが本編では登場していません。
MG化されたら開閉に連動してミサイルがせり出すギミックが付くと予想!

HGBFライトニングFb完成13 HGBFライトニングFb完成15

フレキシブルスラスターユニット。
ここの白いパーツは開くとミサイルポッドになっている設定で
本編でも度々撃っていましたね。
ガンダムジエンドを葬ったのもこのミサイルでした。
このキットではその機構はオミットされています。。。
スラスターカバーは1パーツ構成にも関わらず裏側にモールドがきちんと入っているため
表裏で塗り分けを行い別の部材でできているような表現としました。

HGBFライトニングFb完成16 HGBFライトニングFb完成14 

左画像のようにフレキシブルスラスター基部にパーツを1つ挟む事によって
可動範囲を格段に向上させています。
今回の製作上一番のウリポイントです!!
関連記事はコチラ → HGBC ライトニングバックウェポンシステムMk-Ⅱ 製作記3
右画像は後ろから撮影した画像です。
スラスターが集中しています。
ここもカバーパーツの裏側を別の色で塗装しています。

HGBFライトニングFb完成17 HGBFライトニングFb完成18

左画像のようにハイビームライフルのロングバレルは機首下のピンに接続されています。
ロングバレルとビームライフル本体とは組み立ての時にすり合わせをしっかり行い
合体時に擦れる事のないようクリアランスを確保しています。
機首下のピンとの接続もテンションがきつくなり過ぎずゆるくなり過ぎない程度に調整しています。
右画像は本体裏側画像です。
機首パーツはフレームがむき出しになっていると判断して
このような色分けとしています。

HGBFライトニングFb完成19 HGBFライトニングFb完成20

それではいよいよライトニングガンダムとの合体です!!

左画像のようにマニピュレーターを前側に向けます。
右画像のように両肩から90度前に動かします。

HGBFライトニングFb完成21 HGBFライトニングFb完成22

その後左画像のように両腕だけを戻します。
そして肩アーマーのカバーを閉じます。
右画像のように両腕を肘関節で曲げて
マニピュレーターを肩アーマーに収納します。

HGBFライトニングFb完成23 HGBFライトニングFb完成24

脚部の変形です。
爪先を畳んでアンクルアーマーでカバーします。

HGBFライトニングFb完成25

膝関節をクランク状に曲げて脚部の変形終了です。

HGBFライトニングFb完成26 HGBFライトニングFb完成27

続いてBWSⅡの変形です。
ロングバレルパーツは予め外しています。
右画像のように下部にあるスラスターカバーパーツを外します。

HGBFライトニングFb完成28

先ほどのパーツを上面の後部と合体させます。

HGBFライトニングFb完成29 HGBFライトニングFb完成30

ライトニングガンダムとの合体です。
肘関節フレームにあるハードポイントに接続します。

HGBFライトニングFb完成31 HGBFライトニングFb完成32

左画像は裏返した画像ですが
機首裏の部分にシールドを付けます。
アンテナパーツを折らないよう注意が必要です。
最後にハイビームライフルを機首に付けて完成です。

HGBFライトニングFb完成33

リガズィベースなのでBWS部分に変形機構の大半を依存しています。
しかし本体が過度に変形する事による強度低下を防ぐためにも
いい選択をしている機体だと思います。

HGBFライトニングFb完成34

後部に全てのスラスターが集中しているのが分かります。
デザイン的にはもう少し脚部が短く収納されると
もっとカッコいいんだけど仕方ないかな。
MG化の時に期待です!(←勝手に期待しまくっています!)

HGBFライトニングFb完成35

裏側からの画像です。
肩アーマーのハードポイントがきちんと下側を向いているため
色んな装備を懸架可能になっています。
フレキシブルスラスターユニットの基部にパーツを挟んでいるのがよく分かりますね。

HGBFライトニングFb完成36

ライトニングガンダム本体のスラスターも全て後ろ側に集中していますので
かなりの推力が出ると想像できますね。
足裏の肉抜き穴は見なかった事にしてください(汗)

HGBFライトニングFb完成37

お次は武器の紹介です。
ハイビームライフルです。
劇中再現するため当然2本用意しています。

HGBFライトニングFb完成38 HGBFライトニングFb完成39

地区大会時の時と先端の形状が異なり
開放型のロングバレル仕様となっています。

HGBFライトニングFb完成40 HGBFライトニングFb完成41

左画像のように分離できるようになっています。
製作時きちんとすり合わせする事で
塗膜ハゲしないようクリアランスをとっています。
開放型バレル接続用のピンを切り落としたバージョンも
右画像のように1つ製作しています。
当然これはあのシーン用ですね!

HGBFライトニングFb完成42 HGBFライトニングFb完成43

それではライトニングガンダムMS形態背部に合体させていきます!
右画像のようフレキシブルスラスターを後部に動かします。

HGBFライトニングFb完成44 HGBFライトニングFb完成45

左画像のように機首を後ろに反転させます。
右画像の状態で合体させます。
装甲裏側をフレームカラーで塗っておいて良かったと思える画像ですね!

HGBFライトニングFb完成46 HGBFライトニングFb完成47

ライトニングガンダム背部に合体!!

HGBFライトニングFb完成48

ライトニングガンダム フルバーニアン の完成です!!

HGBFライトニングFb完成49

かなり背部が重たくなるため
安定して撮影するためにアクションベースを使用しています。

HGBFライトニングFb完成50 HGBFライトニングFb完成52

かなりトップヘヴィなデザインになります。
フレキスブルスラスターユニットがカッコいい!!

HGBFライトニングFb完成51 HGBFライトニングFb完成53

ビームキャノンは上下に可動します。
右腕にはハイビームライフル、左腕にはシールドを装備しています。

HGBFライトニングFb完成54

実は先の撮影時に左の角を折ってしまったため
若干角度がおかしくなっているのはお見逃しください(涙)

HGBFライトニングFb完成55

今回トビラに使用した画像です。
すごい物を背負っているのが良く分かる画像だっため
これをトビラに選定しました。

HGBFライトニングFb完成56

フレキシブルスラスターユニット基部にパーツを1つ挟むことによって
ハの字の状態で固定できるようになりました。
本当にこれはオススメ工作ですよ!

HGBFライトニングFb完成57 HGBFライトニングFb完成58

ライトニングガンダム製作時の色彩と同じもので塗装していますので
BWSⅡとの違和感はありません。
肩アーマーは合わせ目の関係上
対象位置にスジ彫りを施す事で後ハメ可能としています。

HGBFライトニングFb完成59 HGBFライトニングFb完成60

肩アーマーになるサイトパーツにレンズをはめるかどうか迷っていましたが
ライフル後部との合体を考えたため見送っています。
ライトニングガンダムはもう1セット購入していますので
レンズありとレンズなしを作ってもいいかもしれません。
腰部アーマーには3mm穴があり
色んな武器が装備できるようになっています。

HGBFライトニングFb完成61

脚部はZ系であるのが良く分かるデザインです。
変形機構のため膝関節がクランク状に可動するようになっています。

HGBFライトニングFb完成62 HGBFライトニングFb完成63

この画像は両方好きです。
すごく複雑なパーツが入り組んでいるように見えますが
結構単純なパーツ構成なのが驚きです。
上部にはビームキャノンが2門装備されています。

HGBFライトニングFb完成64 HGBFライトニングFb完成65

フレキシブルスラスターユニットの角度で
立ちにくいトップヘヴィな機体ですので
飾る時はアクションベースを使ったほうがいいでしょう。

HGBFライトニングFb完成66 HGBFライトニングFb完成67

機首裏側はフレームがむき出しになっていると判断して
フレームカラーで塗り分けておきました。

HGBFライトニングFb完成68

ライフルはちょっと重たいため
手首ボールジョイントの渋みを強めにしておいた方がいいでしょう。

HGBFライトニングFb完成69

全身図を大きな縦画像にて!
宇宙用であるといえば問題ないですが
重力下ではかなりウェイトバランスを欠いた設定の機体だと思います。

HGBFライトニングFb完成70

このキットの難点と考えられるボディの左右幅。。。
次に製作する時はここの幅を少し狭める工作と首の延長をしたいと思っています。

HGBFライトニングFb完成71

以前のBWSでは機首パーツがシールドとなっていましたが
今回BWSⅡとなって以前以上の推力を獲得したためか
シールドは通常版の物に戻っています。
取り回しの事を考慮したら大推力でかわした方がいいと判断したのでしょうね。

HGBFライトニングFb完成72

フレキシブルスラスターにある設定のミサイルポッドは
キットでも再現しておいて欲しかったな。。。
BWSに付属するミサイルユニットの幅を詰めて内部に設置してもいいかも。

HGBFライトニングFb完成73

BWSⅡが本体と比較してもかなり大きなユニットであるのが良く分かります。

HGBFライトニングFb完成74

フレーム部分も数色使っておくともっと緻密さ作品になります。
今度製作する時はもっと色数を増やしていくのも面白そうです。

HGBFライトニングFb完成75

HGBF ライトニングガンダム フルバーニアン いかがだったでしょうか?
HGBCでありながら製作に結構時間がかかりましたが個人的には満足のデキとなりました。

明日はアクションポーズでのレビューを予定しております。
劇中再現も考えていますのでお楽しみに~!!!

カラーレシピ
C:クレオス、G:ガイアカラー
(白):Exホワイト(G) → ニュートラルグレーⅠ(G)+ コバルトブルー(G)
(青):Exホワイト(G) → コバルトブルー(G)+ Exブラック(G)
(赤):Exホワイト(G) → ブライトレッド(F)
(黄):Exホワイト(G) → VO-03ビビッドオレンジ(G)+純色マゼンダ(G)
(フレームグレー):メカサフ ヘビー(G)
(装甲裏グレー):ファントムグレー(C)
(メタリック):VO-04フレームメタリック(G)

スミ入れはエナメル塗料にて
白 には ホワイト+ライトグレイ
赤・黄 には フラットブラウン
青 には ブルー+フラットブラック
グレー には フラットブラック を使用。

Exフラットクリアー(G)で艶消し仕上げ。


・HGBC ライトニングバックウェポンシステムMk-Ⅱ 製作記1 (内容確認(ランナー紹介)&接着)
・HGBC ライトニングバックウェポンシステムMk-Ⅱ 製作記2 (ヒケ処理&段落ちモールド化等)
・HGBC ライトニングバックウェポンシステムMk-Ⅱ 製作記3 (ヒケ処理&可動部の改造)
・HGBC ライトニングバックウェポンシステムMk-Ⅱ 製作記4 (仮組み)
・HGBC ライトニングバックウェポンシステムMk-Ⅱ 製作記5 (フレームパーツ等へのサーフェイサー吹き)
・HGBC ライトニングバックウェポンシステムMk-Ⅱ 製作記6 (装甲パーツへのサーフェイサー吹き)
・HGBC ライトニングバックウェポンシステムMk-Ⅱ 製作記7 (白色装甲塗装)
・HGBC ライトニングバックウェポンシステムMk-Ⅱ 製作記8 (青色装甲塗装)
・HGBC ライトニングバックウェポンシステムMk-Ⅱ 製作記9 (マスキング塗装1)
・HGBC ライトニングバックウェポンシステムMk-Ⅱ 製作記10 (隠しサーベル製作&塗装)
・HGBC ライトニングバックウェポンシステムMk-Ⅱ 製作記11 (マスキング塗装2)
・HGBC ライトニングバックウェポンシステムMk-Ⅱ 製作記12 (スミ入れ作業)
・HGBC ライトニングバックウェポンシステムMk-Ⅱ 製作記13 (艶消しトップコート)
・HGBC ライトニングバックウェポンシステムMk-Ⅱ 製作記14 (組み立て&グリスアップ)
・HGBF ライトニングガンダムフルバーニアン 完成1◀
・HGBF ライトニングガンダムフルバーニアン 完成2











人気ブログランキングへ
関連記事

tag : ガンプラ ガンダム HG

コメントの投稿

非公開コメント

No title

完成お疲れ様です!
無印版バックウェポンシステムも使って全部乗せが出来たら面白そうですね。

りくお様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

全部乗せも考えましたが
ゴテゴテしすぎて塗膜もっていかれそうで
恐怖の方が勝ってしまいました。

一応もう1セット(ライトニング+BWS+BWSⅡ)買ってますので
次回はやってみたいですね。
その時は配色も変更予定です!
メニュー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数
オススメ商品








































最新記事
amazon お買い得おもちゃ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
広告
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

miffy.burian

Author:miffy.burian
いい歳して模型製作に
情熱をささげつつも
かわいらしいMiffyを
愛してしまう浮気者。

完成品&レビュー
Twitter
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
6位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
ネットでの出会い