レンズ表現

レンズ1

以前 モノアイのHアイズ化 という記事で
レンズ表現について、実際にレンズを埋め込むことをやってみましたが
今回はレンズではなくメタリックシールを貼る方法を解説していきたいと思います。

レンズ2

ハイキューパーツさんから発売されている
センサー用メタリックシール
現在、オレンジ・シルバー・ブルー・レッド・ホログラム・グリーン・ピンク
偏光(赤→黄)・偏光(黄→青)が発売されています。

タグ部分をはずすと密閉可能な袋になっています。

製品説明より

 鏡面仕上げのメタリックシールを円形にカットしたシール。
 クリア系レンズパーツの下に敷けば光を強く反射してパーツが輝きます。
 シール素材ですが、荒れた表面には接着しませんので、
 平滑面や綺麗な状態の場所に使用、または接着剤を併用してください。

 注意
 ■4mm以下のサイズは表面積が非常に小さいため接着力が弱くなります。
 はがれやすい場合は、下地に合わせて各種接着剤などを使用してください。

 ■レンズパーツとシールの接着には、白化しないクリア系の接着剤を使用してください。

 サイズ 直径1.0mm〜6.0mm

 余白はカッターなどで切り出して他用途に使用してください
 (丸形以外の部分には行程の都合で若干空気が入っている事が多いです、
 接着しなくなっている事も考えられますので貼付けテストをしてください)。



レンズ3

裏面は サイズバリエーション が書いてあります。

レンズ4

袋から取り出しますとすごく綺麗に反射します。
メタリックブルーのシールの上に透明な保護膜があります。
これは貼ったままにするのがいいのか、はがしてしまった方がいいのかわからず
私はパーツに貼り付け後、透明シートのみはがしています。

サバーニャ7

実際に貼ってみた感じ。
すごくメタリックな表現ができます。
レンズとは一味違った感じになりますね。
コレぐらいの曲面にはなんとか追従できるようです。

レンズ5

お次は、これもハイキューパーツさんから発売されています
オーロラアイズ
グリーン・パールピンク・透過タイプと選べます。


製品説明より

 見る角度によって色が変化する偏光素材を使ったセンサー&カメラ用の樹脂パーツ。
 メカモデルへの使用を想定した直径1.5mm~6.0mmの円形レンズパーツが収録されています。
 裏面がシールになっているので、貼りつけるだけでOK。
 簡単にディテールアップをすることができます。
 樹脂製ですので若干サイズのばらつきがあります。
 武器類のセンサーやスコープなどのディテールアップに最適です。
 内部ディテールを生かしたディテールアップをしたい場合は、透過タイプをご利用ください。



レンズ6

コチラも裏面は同じくサイズバリエーション。

レンズ7

袋から取り出すとすごく綺麗です。
グリーンタイプのものですが
基本のグリーンから光の当たりようによって
オーロラのように様々な色へと変わります。

サバーニャ23

実際に貼ってみたらこんな感じになります。
ただレンズをいれるだけではなく
こういう面白いマテリアルでもレンズは表現できそうですね。


人気ブログランキングへ
関連記事

tag : ガンプラ 製作 初心者

コメントの投稿

非公開コメント

メニュー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数
オススメ商品








































最新記事
amazon お買い得おもちゃ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
広告
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

miffy.burian

Author:miffy.burian
いい歳して模型製作に
情熱をささげつつも
かわいらしいMiffyを
愛してしまう浮気者。

完成品&レビュー
Twitter
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
8位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
ネットでの出会い