FC2ブログ

関節塗装の方法論

関節塗装1

関節のクリアランス処理
関節のグリスアップ処理
と関節部分の塗膜保護について説明をしてきましたが
本日は少し毛色の違う方法論として
関節部分の塗膜を薄く、そして強固にする方法を考えていきたいと思います。

関節塗装2

最近模型雑誌のモデラーもよくやっていますが
サーフェイサーに塗料を混ぜて塗ってしまうという方法です。

1枚目の画像のように
Mr.ベースホワイト1000 + Exブラック + フラットベース
この3種類を混ぜて、好みの関節グレーを作っていきます。
ここでフラットベースを混入するのは
最後にトップコートで艶消しとすると
その分塗膜が厚くなってしまうので
できるだけ1回で艶消しになるようにしています。

関節塗装3

エアブラシでサフを吹くようにキズを消しながら塗装していきます。
塗装が終わったパーツがコチラ。
しっかりと艶消しグレーになっています。
動かすと干渉する関節部分だけに使用してもいいのですが
内部装甲パーツ全体を同じもので塗って完成としてもいいでしょう。

ここで1つ問題があるのですが
艶消し仕上げのためフレームの繊細なモールドにスミ入れしたくてもできません。
なぜならやったことある人はすぐにわかると思いますが
艶有り下地にスミ入れは簡単ですが
艶消し下地の場合は塗料が滲んでスジ彫りだけに流れていきません。
そのためこの部分だけは割り切るしかないと思います。

関節塗装4

他にも塗料の混ぜ方によっては色々表現ができます。
Mr.ベースホワイト1000 + Exブラック
    + マホガニー + 艦底色 + フラットベース

(なかなか好みのブラウンが出来ずにたくさん混ぜてしまいました。。。)

関節塗装5

私は MGウイングガンダムVer.Ka のフレームにこの色を使いました。
白はガイアのインテリアカラーを使用し暖色系でまとめてみました。
サーフェイサーはプラスチックへの食いつきがいいので
少しこすってもはがれることはありません。
これにクリアランス処理とグリスアップ処理を組み合わせればほぼ完璧と言っていいでしょう。

関節塗装6

私はフレームをこのサーフェイサーを使った塗料で塗る事が多いので
こうやって100均のタッパーで保管しています。
3個で100円だったかな?。
シンナー成分が揮発しないため長期保存に向いています。


人気ブログランキングへ
関連記事

tag : ガンプラ 製作 初心者

コメントの投稿

非公開コメント

まさに、「関節技」ですね。

干渉して、塗装ハゲ・・・口に出すだけで、恐くなります、エンガチョ。うちに、MGのZガンダムがあるのですが、買って何年経つだろう・・・未だに、決心がつかずに、作れません。「あなたの知らない世界」で、「塗装ハゲ」の特集を組んでくれないかなぁ。大うけ、間違いないんだけどなぁ・・・分かる人にだけは・・・今回、紹介された、関節シリーズを参考に、いつかZにチャレンジする日は、来るのだろうか。ありがとうございました。

砂まじりの茅ヶ崎 様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

あなたの知らない世界 大好きだから
本当に復活して欲しいです。

Zガンダム製作されましたらまたアップしてくださいね~。
メニュー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数
オススメ商品








































最新記事
amazon お買い得おもちゃ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
広告
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

miffy.burian

Author:miffy.burian
いい歳して模型製作に
情熱をささげつつも
かわいらしいMiffyを
愛してしまう浮気者。

完成品&レビュー
Twitter
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
5位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
ネットでの出会い