FC2ブログ

関節のグリスアップ処理

グリスアップ1

先日 関節のクリアランス処理 について記事を書きましたが
本日はもう一歩踏み込んで
関節のグリスアップ処理 についてお話しようと思います。

関節部分のクリアランス処理をしていても
塗膜が思いのほか厚くなってしまった場合には
パーツ同士がこすれてしまうこともあります。
そこで用意するのが画像の
グリス と 綿棒 です。

グリスアップ2

塗装が終わったパーツを組み上げていく工程で
パーツ同士がこすれそうな部分に
綿棒で少量グリスを塗っていきます。
この画像では肩パーツがこすれそうだったので
内側にグリスを塗っています。

グリスアップ3

組み上げてみました。
こうすることで塗膜はげの可能性が軽減されます。

たっぷり塗りすぎるとはみだしてきてしまうので
塗るのは少量で大丈夫です。

グリスアップ4

こちらは肘関節パーツです。
上側のパーツにグリスを塗っています。

グリスアップ5

塗り終わりましたら挟み込む関節パーツをはめ
そしてもう一方の内側にもグリスを塗っておきます。

グリスアップ6

組み上げました。
これで左右とも塗膜はげを防止できます。
すこしはみだしたグリスは綿棒で拭き取っておきましょう。

グリスアップ7

これは上腕パーツです。
ここにも一応グリスを塗っておきます。

グリスアップ8

こんな感じではめて組み立てていきます。

グリスアップ9

モモのパーツ上面にもグリスを塗ります。

グリスアップ10

スカートアーマーでほとんど見えなくなりますが
一応塗っておきました。

グリスアップ11

ZZの膝パーツは可動式のもののため
こちらにもグリスアップが必要です。
青いパーツにも干渉しそうだったので
左右ともグリスを塗っておきました。

グリスアップ12

こんな感じで膝パーツが入ってきます。
可動範囲をよく考えて、干渉しない所には塗らないようにしましょう。

また、ABS関節部分に塗るとしぶみがなくなって
プラプラになってしまうことがあるので
塗膜の干渉部分に限定してグリスを塗っていきましょう。
(例外としてMGシナンジュの腰やMGデスティニーの膝はABS関節ですが
グリスアップしていないとねじ切れますので
関節部分は様子を見ながらグリスアップするかどうか判断してください)


人気ブログランキングへ
関連記事

tag : ガンプラ 製作 初心者

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
グリスアップ、はじめて知りました。
良く、関節の塗装剥げには悩まされていたので、
すごく参考になりました。

早速、近所のジョーシンに行ったんですけど、
売ってなくて…。 近々アキバにでも行って
探してこようかと思います。

ニイタソ様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

私が使っているグリスは
ミニ四駆コーナーにあった一番安いやつなので
おもちゃ屋で扱ってるかもしれません。
他のグリスを試したことがないので
今使っているのが無くなったら他の銘柄を使ってみますね。

現在使っているグリスですが
塗って塗膜に影響があったりしたことは
今のところ無いです。
一応参考までに。
メニュー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数
オススメ商品








































最新記事
amazon お買い得おもちゃ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
広告
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

miffy.burian

Author:miffy.burian
いい歳して模型製作に
情熱をささげつつも
かわいらしいMiffyを
愛してしまう浮気者。

完成品&レビュー
Twitter
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
7位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
ネットでの出会い