FC2ブログ

関節のクリアランス処理

クリアランス1

本日は 関節のクリアランス処理 についてお話します。

で、クリアランス処理って一体何?
というのが大半の方だと思いますので説明しますと
ガンプラ等のキットで塗装をしますと
その塗膜分大きくなるので
関節等の可動部分が干渉して色がはげてしまいます。
これを表面処理の時点で予め塗膜分削っておいて
予防するのが クリアランス処理 です。

クリアランス2

これは MGシェンロンガンダム の肘パーツです。

クリアランス3

下腕パーツで挟みこむ仕様のようです。
こういう場合、塗装すると擦れて塗膜がはげてしまいますので
ちょっと肘パーツにヤスリをあてておきます。

クリアランス4

左が素組み、右がクリアランス処理後のパーツです。
関節部分に少しだけ余裕があるのがおわかりいただけるでしょうか?
この少しの隙間が塗膜分の厚みで、完成後 こすれるのを防ぐために必要な部分となります。

クリアランス5

上腕の外装パーツも干渉しそうだったので
タイラー600番で少し削ってやります。
あまりやりすぎるとスッカスカになって不恰好なので注意。

クリアランス6

右がクリアランス処理スミパーツ。
幅が若干広がっているのが一目瞭然ですね。

クリアランス7

上腕パーツをはめてみましたが、干渉しないようです。

クリアランス8

下腕外装パーツにも同じようにクリアランス処理を行っていきます。
形状によってタイラーやデザインナイフ、マイクロフィニッシュ等使い分けています。

クリアランス9

右側パーツが少しだけ広くなっています。

クリアランス10

これで肘の可動部分は大丈夫そうです。

クリアランス11

足裏パーツも干渉しそうなので少し削っておきました。

クリアランス12

こんな感じでOKです!

クリアランス13

ふくらはぎパーツは大きな面が干渉しそうなので
しっかりとタイラーで削っていきます。
2ヵ所丸く押し出しピン跡がありますが
これが消えるぐらいまで削りました。

クリアランス14

組み上げてみましたがこれで大丈夫そうです。


人気ブログランキングへ
関連記事

tag : ガンプラ 製作 初心者

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先日はリンクのほどありがとーございました。
だらだらなブログですが、よろしくです。

間接クリアランスっていつも適当にやってるんで、どの程度削ってるか分かり易くて良かったです(^-^)/
結構削るもんですねぇ

ちょい様

こちらこそリンクありがとうございました。

関節部分の処理って気をつかいますよね。
私は人一倍チキンなので
何重にも対策しないといけません。
面倒ですが塗膜はげは興ざめなので。。。

No title

はじめまして。
見たところ0.2mmくらいでしょうか?
とても参考になります。

ところでふと思ったのですが、バンダイが最初から、隙間を空けて設計してれば良いだけの事なんですよね。なんでやらないのだろう。

ダボ様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

私はチキンだから
クリアランス処理した上、関節部分はサフカラーにし
その上組み立て時にグリスアップまでしています。
完成後に可動させていて塗膜ハゲたらこちらがハゲます!

確かに設計段階でそうしてくれると助かりますよね。
MGアストレイなどは
この先メッキを想定してか
クリアランス処理が不要なぐらい隙間があって組みやすいです。
ということは技術的に可能ということなんだけどな・・・。
塗装派にはまだまだ厳しいですね!
メニュー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数
オススメ商品








































最新記事
amazon お買い得おもちゃ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
広告
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

miffy.burian

Author:miffy.burian
いい歳して模型製作に
情熱をささげつつも
かわいらしいMiffyを
愛してしまう浮気者。

完成品&レビュー
Twitter
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
5位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
ネットでの出会い