HGBF ベアッガイF(ファミリー) 完成1

HGBFベアッガイF完成トビラ

お待たせしました~!!
仕事が忙しいので土日じゃないと
なかなか画像アップや記事書きできないので
間に色々記事を挟んでしまってスミマセン。
HGBF ベアッガイF(ファミリー)
いよいよロールアウトです!!

HGBFベアッガイF完成1

まずはママッガイからレビューしていきます。
シンプルなデザイン&色彩なので
今回はグラデーション塗装にしてみました。

HGBFベアッガイF完成2

アッガイベースのキットなので
アッガイに必要なパーツが多数残ります。
今度行きつけのメディオ!沖新店に行って
パーツの買取りしてもらおう!

HGBFベアッガイF完成3 HGBFベアッガイF完成5

いつも使うガイアのExフラットクリアーよりも
もっと艶消し仕上げにしたかったため
それに フラットベース を混ぜてトップコートしたため
ケーキの上に乗っているお人形さんみたいな質感です(笑)

頭部がガンプラ作りに慣れた人からしたら
全くルールに合わない規格外のデカさです。
バックパック中央にはポリキャップがあるため
色々な物を装備できそうです。

HGBFベアッガイF完成4 HGBFベアッガイF完成6

こうやって完成品見るとグラデーションで正解だったと思います。
恐らく単調な色彩だと間延びしそうです。
肩や脇腹に出る合せ目は段落ちモールド化しています。

HGBFベアッガイF完成7

設定ではフェイス部分は液晶になっていて
表情が変わります。
キットではフェイス部分を取り替える仕様になっています(後述)。

HGBFベアッガイF完成8

全体の白色と口周りの薄茶色の色調で悩みましたが
これぐらいの色の差でOKですね。
落ち着いた感じになりました。

HGBFベアッガイF完成9

フェイスパーツの交換時に口周りのパーツを傷つけてしまう可能性があるため
仮組み時にそのあたりを十分注意しておいた方がいいでしょう。

HGBFベアッガイF完成10 HGBFベアッガイF完成11

それでは各部を見て行きましょう。
左画像、ツインアイ(と言うのか?)は一段凹んでいますから
エナメル塗料をエアブラシで吹きつけて
はみ出した部分をペトロールでふき取っています。
右画像、涎掛け(笑)部分にあるモールドは
ヒケ処理のヤスリがけ時に消えてしまいそうになっていたため
自分で新たに彫り込んでいます。
胴体と肩の半円パーツが干渉する部分は
仮組み時、慎重にクリアランス処理を行っています。

HGBFベアッガイF完成12 HGBFベアッガイF完成13

左画像、胴体と脚部の半円パーツが干渉する部分も肩と同様
仮組み時、慎重にクリアランス処理を行っています。
特にコチラの方は組み立ての時に干渉する角度になっていますから
きちんと削っておかないと組み立て時に塗膜が削れてしまう可能性があります。
右画像のようにフレームパーツの合せ目は
本来、接着→合せ目消しをしておいた方がいいのでしょうが
今回は段落ちモールド化にしています。
蛇腹なのでここは合せ目消ししておいた方が良かったかな。。。

HGBFベアッガイF完成14 HGBFベアッガイF完成15

肩や脇腹の合せ目は段落ちモールド化にしています。
接着→合せ目消しするのも手間的にはそう面倒でない部分なので
この辺りはお好みで。
私は装甲の合わさりだと解釈しています。
腕部はフレームパーツに装甲を被せるような構造になっています。
そのためフレームパーツを厚塗りした場合
装甲パーツが経年劣化で割れてしまう可能性がありますから
完成後に見えないフレーム部分は塗装しないという方法でもいいと思います。
自分もこれから後作るつもりのベアッガイⅢやベリーベリーベアッガイFでは
腕部のフレーム部分は見える部分のみの塗装にするつもりです。

HGBFベアッガイF完成16 HGBFベアッガイF完成17

左画像のように後頭部には全くスジ彫りも何もありません!
グラデーション塗装初心者の方は
この広い面を最初に塗装して練習だ!!
右画像はバックパックです。
中央にあるポリキャップが白色なのが目立ちますね。。。
他のキットから通常の灰色の物を持って来れば良かったか。

HGBFベアッガイF完成18 HGBFベアッガイF完成19

左画像の尻尾部分は接着→合せ目消しを行っています。
今回合せ目消しを行った部分が少ないですが
ここはさすがに目立ちそうだったので。
右画像は膝裏です。
フレームの合せ目は全て段落ちモールド化しています。

HGBFベアッガイF完成20 HGBFベアッガイF完成21

上腕と前腕を接続する肘関節は
ABS同士のボールジョイント接続です。
以前製作したアッガイでは塗膜のせいで
キッツキツになってしまっていたため
今回はボール部分を塗装しないよう
マスキングしてから他の部分の塗装を行っています。
そのため可動はスムーズです。

HGBFベアッガイF完成23 HGBFベアッガイF完成22

左画像はマニピュレーター部分で
指は別パーツになっていますから塗装派も安心です。
中心部分の穴にはビームサーベルの刃(別売り)を装着する事が可能です。
足裏にあるスクリュー部分はマスキングしてきちんと塗り分けしています(右画像)。

HGBFベアッガイF完成24 HGBFベアッガイF完成25

耳は仮組み時にクリアランス処理を行っていますので
干渉せずにスムーズに可動できます。
前後の可動だけでなくやろうと思えば回転可動も可能です。

HGBFベアッガイF完成26 HGBFベアッガイF完成27

口は開閉式になっていて
内部には穴がありますので
ビームサーベルの刃(別売り)をはめる事ができます。
この口のパーツですが
アゴとそれ以外の部分のクリアランス処理は慎重に!
顔は命なのでね!!
塗膜ハゲにならないよう塗膜の厚み分を考慮した調整を。

HGBFベアッガイF完成30

前述もしたようにツインアイの表情は2種類あり
それの変更はフェイスパーツ自体を交換するようになっています。

HGBFベアッガイF完成31 HGBFベアッガイF完成32

左画像が通常版、右画像が怒り版です(笑)。

HGBFベアッガイF完成29

怒り版にしてみたらこんな感じになります!

HGBFベアッガイF完成33

ママッガイ のレビューは以上で
引き続き プチッガイ のレビューをしていきます。

HGBFベアッガイF完成34

こちらもママッガイと同様グラデーション塗装で仕上げています。

HGBFベアッガイF完成35 HGBFベアッガイF完成37

水色も白色も下地を少し濃い水色にしてからグラデーションをかけて塗装しています。
リボンの裏側は目立ちはしませんが
肉抜き穴が気になったので
ポリパテで埋めています。

HGBFベアッガイF完成36 HGBFベアッガイF完成38

これだけ細い手足ではりますが
一応自立可能です。
脚部は合せ目を接着してから消しています。

HGBFベアッガイF完成39

エッジ部分やモールド部分に下地の色が残っているのが分かりますかね?
画像では分かりにくいかもしれませんが
しっかりとグラデーション塗装しています。

HGBFベアッガイF完成40

コイツが HGBCシリーズ で単品発売されるなんて
すごくいい時代になりましたよね!
皆の熱い意見がバンダイに届いたんでしょう(笑)
当然4色とも購入予定です(ついでに戦隊モノみたく緑色用にもう1体買うかも!)。

HGBFベアッガイF完成41

ママッガイのようにフェイスパーツの変更はできないため
第10話 『ガン・コレ』 の時のような表情豊かなプチッガイにはできません(涙)

HGBFベアッガイF完成42 HGBFベアッガイF完成43

それでは各部を見て行きましょう。
ほとんど可動部はありませんね(汗)
首の付け根、腕や足の付け根、足首のみです。
お腹の白色部分のスジ彫りは青色で行い
全体の統一感を出しています。

HGBFベアッガイF完成45 HGBFベアッガイF完成44

小さいですが腕部や脚部にもきちんとグラデーションをかけています。

HGBFベアッガイF完成46 HGBFベアッガイF完成47

背部にあるリボンのグラデーションが美しい!

HGBFベアッガイF完成49 HGBFベアッガイF完成48

小さいながらもきちんと尻尾が造形されています。

HGBFベアッガイF完成51 HGBFベアッガイF完成50

左画像のように腕は3mm穴が開いているだけです。
足の裏にも円形スジ彫りあります(右画像)。

HGBFベアッガイF完成55

オプションパーツはこれだけです。
左側の物はママッガイの腕部に接続すると
プチッガイと手を繋ぐ事ができます。
右側の物はママッガイの腕部延長用パーツです。
大きさは3種類×2個ずつです。

HGBFベアッガイF完成52 HGBFベアッガイF完成53

左画像のように交換します。
中心の軸がプチッガイの腕部の穴と同じ径になっています。

HGBFベアッガイF完成54

こんな感じで手を繋ぐ事ができます。

HGBFベアッガイF完成56

そしてママッガイのバックパックにチェアーストライカーを接続!!!
プチッガイの背部になる穴に
この軸を通せば2機セットの完成です。

HGBFベアッガイF完成57

これが真の姿の ベアッガイF です。

HGBFベアッガイF完成58

まさに 二宮金次郎 だ!!

HGBFベアッガイF完成59 HGBFベアッガイF完成61

正面からだと全く見えませんね!

HGBFベアッガイF完成60 HGBFベアッガイF完成62

これだけ後部にオフセットされていても自立が可能です。

HGBFベアッガイF完成63

今回トビラに使用した画像で本日のレビューは終了です!

明日は アクションレビュー を予定していますので
お楽しみに~!!

カラーレシピ
C:クレオス、G:ガイアカラー
(ママッガイ白):ダークイエロー2(G) → ホワイトFS17875(C)
(薄茶):ダークイエロー2(G)+  グレーFS36622(C) + AT-14レザーブラウン(G)
(青):ライトブルー(G) → VO-3セルリアンブルー(G)
(プチッガイ白):ライトブルー(G) → VO-3セルリアンブルー(G)+ Exホワイト(G)
(リボン青):ライトブルー(G) → ライトブルー(G)+ Exホワイト(G)
(茶):AT-14レザーブラウン(G)
(関節白):Exホワイト(G)
(灰):メカサフヘビー(G)
(バックパック灰):ファントムグレー(C)

スミ入れはエナメル塗料にて
白・薄茶 には フラットブラウン
青 には ブルー
茶 には フラットブラック を使用。

Exフラットクリアー(G)+フラットベース(G)で艶消し仕上げ。


・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記1 (内容確認(ランナー紹介)&接着)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記2 (段落ちモールド化&クリアランス処理)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記3 (段落ちモールド化&クリアランス処理&パテ盛り)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記4 (段落ちモールド化&パテ盛り部と接着部の表面処理)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記5 (仮組み)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記6 (サーフェイサー吹き1)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記7 (サーフェイサー吹き2)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記8 (サーフェイサー吹き3)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記9 (フレーム白色&ファントムグレー&茶色塗装)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記10 (グラデーション下地塗装1)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記11 (グラデーション下地塗装2)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記12 (本体白色グラデーション塗装1)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記13 (本体白色グラデーション塗装2)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記14 (本体白色グラデーション塗装3)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記15 (薄茶色グラデーション塗装1)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記16 (薄茶色グラデーション塗装2)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記17 (下地水色塗装)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記18 (水色グラデーション塗装1)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記19 (水色グラデーション塗装2)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記20 (白色グラデーション塗装)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記21 (マスキング塗装)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記22 (スミ入れ作業1)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記23 (スミ入れ作業2)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記24 (艶消しトップコート1)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記25 (艶消しトップコート2)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 製作記26 (組み立て&グリスアップ)
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 完成1◀
・HGBF ベアッガイF(ファミリー) 完成2









人気ブログランキングへ
関連記事

tag : ガンプラ ガンダム HG

コメントの投稿

非公開コメント

メニュー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数
オススメ商品








































最新記事
amazon お買い得おもちゃ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
広告
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

miffy.burian

Author:miffy.burian
いい歳して模型製作に
情熱をささげつつも
かわいらしいMiffyを
愛してしまう浮気者。

完成品&レビュー
Twitter
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
6位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
ネットでの出会い