HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 完成1

HG Gセルフ完成トビラ

自分としてはあんまり行わない新キットの製作。
楽しく行う事ができました。
と言っても最近製作スピードが遅いですよね。。。
本当にお待たせしました!

HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)

完成品レビューを本日と明日の2日間行っていきます!!


HG Gセルフ完成1

設定画でもそうですが
かなり幼児体型になっています。
頭部が大きく足が短い。
これでも設定画より頭身高い気がしますが・・・。

HG Gセルフ完成2

背中は今まで見てきたガンダムとは一線画すデザイン。
改造が出来ない私は今回マスキングを多用して
色数を増やす方向性で製作を行っています。

HG Gセルフ完成3 HG Gセルフ完成4

カトキ氏のデザインしたMSを見慣れていると
こういった頭身の低いデザインに違和感を覚える方もいらっしゃるかも。
各部にはクリアーパーツが配されているのも特徴的。

HG Gセルフ完成5 HG Gセルフ完成6

接着→合せ目消し をあまりしたくなかったたの
肩アーマー等は合せ目消しを行っていません。

HG Gセルフ完成7

アンテナの形状が今までのガンダムとは全く違います。
(ターンエーを経ていなければ受け入れ不可能だったかも・・・)

HG Gセルフ完成8

各部にはクリアーパーツや水色のシールを貼るようになっています。
これらの素材はブラックライトで照らすと発光するそうです。
(ブラックライト持ってはいますがマウンテンサイクル内で取り出し不可能(涙))

HG Gセルフ完成9

青色部分は設定では完全に 『水色』 になっていますが
今回このような色調の青色をチョイスしています。
あんまり薄い青色にするとおもちゃっぽくなるのでね。

HG Gセルフ完成10 HG Gセルフ完成11

それでは各部を見て行きましょう。
額のセンサー部分(赤色・水色)部分は艶有りに
他の部分は艶消しにして装甲とセンサーの違いを表現しています。
アンテナはヤスリで尖らせています。
やりすぎると破損の危険性があるため自己責任にて。
サーベルホルダー部分に貼るシール、厚みが目立ちますね。。。
塗装にしておけば良かったよ。

HG Gセルフ完成12 HG Gセルフ完成13

胸部インテーク内は黒く塗るのではなく
付属のシールを貼っています。
腰部アーマーの黄色パーツ下部にフィン状モールドは
マスキングをしてから少し濃い黄色で塗り分けることで
情報量を増やしています。

HG Gセルフ完成14 HG Gセルフ完成15

フトモモ前後はマスキングを行い
本体の白色よりも少し薄い白色で塗り分けしています。
クリアーパーツ綺麗ですね~!

HG Gセルフ完成16 HG Gセルフ完成17

左画像のように爪先はマスキングしてから塗り分けしています。
右画像の肩アーマーは画像では分かりにくいですが
上部を少し濃い青色にして情報量を増やしています。
また胴体との接続部分はファントムグレーで塗装して
可動時にチラリしても違和感が無いようにしています。

HG Gセルフ完成18 HG Gセルフ完成19

肘関節部分には付属の水色シールを貼っています。
前腕部分はマスキングして少し薄い白色で塗り分けしています。
マニピュレーターはもっとハイディテールな物が欲しかったなぁ。。。
手の甲は今まで見たことない形状の物ですね。

HG Gセルフ完成20 HG Gセルフ完成21

背部は今までのガンダムとは違うデザイン。
拡張パックを接続する穴が中心に開いています。
これから宇宙用パックが発売されますが
それ以外の物もラインナップされるのか?
それならば本体とセットがいいなぁ。。。
オプションユニットだけだとこのキットから本体持ってこなきゃいけないため
大気圏用パックが余りまくるという
『エールストライクガンダム』現象になってしまうので・・・。

HG Gセルフ完成22 HG Gセルフ完成23

リアアーマー中央部もマスキングして薄い白色を入れています。
フロントアーマーと同様リアアーマーの黄色部分にも
少し濃い黄色を入れて情報量を増やしています。

HG Gセルフ完成24 HG Gセルフ完成25

フトモモ裏側装甲やフクラハギの六角形部分は
マスキングをしてから薄い白色を塗っています。
水色が多くて綺麗ですね~

HG Gセルフ完成26

足裏はこんな感じで塗り分けしています。
あんまり見えない部分ですが一応ね。
肉抜き穴は気にしないでね(笑)

HG Gセルフ武器1

お次は武器のレビューをしていきます。
ガンダムとしてはオーソドックスな装備ですね。

HG Gセルフ武器2 HG Gセルフ武器3

ビームライフル。
水色シールがなかったので
その部分には目をつぶって白色と金色のみ入れています(汗)
このキット唯一の 接着→合せ目消し をしたパーツです。

HG Gセルフ武器4 HG Gセルフ武器5

シールド。
裏側はファントムグレーで塗っています。
宇宙海賊がフォトン・バッテリー強奪作戦のために装備した簡易シールド。
宇宙用パックには赤いシールドが付属するようですね。
早くそちらも作りたいですわ。

HG Gセルフ武器6

腕部との接続はこのコの字パーツを介して行います。
横と後ろに接続することが可能です。

HG Gセルフ武器7

ビームサーベル。
2本付属します。
刀身はかなり細い専用の物になっています。
先に発売されたターンエーガンダムに流用したくなりますね(笑)

HG Gセルフ武器8

蛍光ピンクにてグラデーション塗装を施しています。
先端に行くほど透明度が上がるような塗装をしています。

HG Gセルフ完成27

大気圏用パック。
ラライヤが地球に降下してきた時に装備していたパック。
設定色がイマイチ好きになれなかったため
若干塗装パターンを変えています。

HG Gセルフ完成28

青色濃淡2色、ダクトを白色に
ウイングを灰色と赤色のツートンにしています。

HG Gセルフ完成29

ウイング基部が∞ジャスティスのように可動すれば
V字型にできるのですが
その部分は完全に固定になっているため
主翼は水平固定で折りたたみのみ可能です。

HG Gセルフ完成30 HG Gセルフ完成31

スラスターはF91っぽい意匠です。
しかしパーツ分割が左右での割りになっていますから
気になる方は合せ目消しが面倒そうです。
(私は気にせず組みました(笑))

HG Gセルフ完成32 HG Gセルフ完成33

どういう活躍をするのか
どういうテクノロジーでできているのかイマイチわからなかったため
今回デカールは貼らずに仕上げています。

HG Gセルフ完成34

大気圏用パックとライフル・シールドを装備!!

HG Gセルフ完成35

やっぱりバックパックを付けると情報量が増えていいですね。
スラスターのこの数がカッコイイ!!

HG Gセルフ完成36 HG Gセルフ完成37

大気圏用パックをつけても後ろに倒れることはありません。
接続部分を厚塗りすると接続時に塗膜ハゲしてしまうので
その辺りは塗装派の人、気をつけてくださいね!

HG Gセルフ完成38 HG Gセルフ完成39

ライフル用のマニピュレーターは専用のものが付属します。
シールドは本体の青色とは違う色で塗装しています。

HG Gセルフ完成40

この画像カッコイイです。
今回のトビラに使用するか最後まで迷いました。
この角度からなら肩アーマー上部の色分けが良く分かりますね。

HG Gセルフ完成41

ウイングはもっと大きい造形でも良さそうですよね。
MG化の時には基部による可動でV字型ポジションの再現と
ウイングの大型化をバンダイさん、お願いします!!

HG Gセルフ完成42 HG Gセルフ完成43

2対の高出力スラスターと8対のサブスラスターを装備(らしい)。
中心部分のF91的スラスターは金属色で塗装後
エナメル塗料でスス汚れを表現しています。

HG Gセルフ完成44 HG Gセルフ完成45

左画像のようにウイングを閉じる事ができます。
また右画像のように本体自体を可動させる事もできます。

HG Gセルフ完成46

大きめの縦画像も撮影しておきました。
左にハイディテールのマニピュレーターが欲しい所です。

HG Gセルフ完成47

シールドはヒケがありますので
ヤスリでしっかりとヒケ処理しています。
大きめのデカールでも貼っておけば良かったかなぁ。。。

HG Gセルフ完成48

大気圏用パックの色合いを変更していますが
自分的にはこの色が正解です(キリッ!)

HG Gセルフ完成49

スラスター内部を金属色にしておけば良かったかなぁ。。。
今度作り機会があったらちょっと検討してみます。
アキレス腱部分の装甲は合せ目を段落ちモールド化しています。
気になる方は 接着→合せ目消し してくださいね!

HG Gセルフ完成50

肩アーマーの黄色はマスキングしてから塗り分けしています。
小さな黄色部分の内側に本来は黒色が入りますが
モールディングされていないためそのままとしています。

HG Gセルフ完成51

股関節の可動範囲が最近のキットとしては少し狭いため
技術のある方はデザインを損ねない範囲で改造してみてもいいかもしれません。

HG Gセルフ完成52

右肩に埃が・・・・。
エアダスターで吹き飛ばしたはずなのに。

これだけクリアーパーツと水色シールがありますので
ブラックライト下での撮影したかったですね。

HG Gセルフ完成53

今までのガンダムデザインとは違うタイプなので
製作していてすごく楽しかったです。
ただ・・・岡山でも放送してくれ!レコンギスタ!!
ネットで第一話しかまだ見てないわ。

HG Gセルフ完成55

今回のトビラに使用した画像です。

明日はアクションポーズによるレビューを予定しています。
お楽しみに~!!

カラーレシピ
C:クレオス、G:ガイアカラー
(白):ニュートラルグレーⅠ(G)
(薄白):Exホワイト(G)
(青):Exホワイト(G) → VO-39風蒼(G)
(濃青):Exホワイト(G) → ラベンダー(F)
(盾青):Exホワイト(G) → VO-40風群青(G)
(赤):Exホワイト(G) → ブライトレッド(F)+Exホワイト(G)
(黄):Exホワイト(G) → VO-03ビビッドオレンジ(G)
(濃黄):Exホワイト(G) → VO-03ビビッドオレンジ(G)+蛍光ピンク(G)
(関節グレー):ホワイトサーフェイサー1000+Exブラック(G)+フラットベース(C)
(装甲裏グレー):ファントムグレー(C)
(メタリック):VO-04フレームメタリック(G)

スミ入れはエナメル塗料にて
白 には ホワイト+ライトグレイ
赤・黄 には フラットブラウン
青 には ブルー+フラットブラック
グレー には フラットブラック を使用。

Exフラットクリアー(G)で艶消し仕上げ。


・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 製作記1 (内容確認(ランナー紹介)&接着)
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 製作記2 (段落ちモールド化&クリアランス処理等)
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 製作記3 (段落ちモールド化&スジ彫り等)
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 製作記4 (仮組み)
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 製作記5 (フレームパーツへのサフ吹き)
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 製作記6 (装甲パーツへのサフ吹き1)
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 製作記7 (装甲パーツへのサフ吹き2)
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 製作記8 (ファントムグレー&濃青色塗装)
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 製作記9 (下地白色塗装)
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 製作記10 (青色装甲塗装)
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 製作記11 (赤・黄・金属色装甲塗装)
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 製作記12 (白色装甲塗装)
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 製作記13 (マスキング塗装1)
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 製作記14 (マスキング塗装2)
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 製作記15 (マスキング塗装3)
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 製作記16 (マスキング塗装4)
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 製作記17 (筆塗りによる加色)
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 製作記18 (エナメル塗装&クリアーコート)
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 製作記19 (スミ入れ作業1)
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 製作記20 (スミ入れ作業2)
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 製作記21 (艶消しトップコート)
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 製作記22 (サーベル刃等塗装)
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 製作記23 (組み立て&シール貼り&グリスアップ)
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 完成1◀
・HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型) 完成2













人気ブログランキングへ
関連記事

tag : HG レコンギスタ ガンプラ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

完成おめでとう、ございます。
目はもっと大きいかと思いましたが、組んだの見ると丁度良い感じですね。

影夜様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

TVや設定画だとツインアイはかなり大きめに描かれていますが
キットでは少し抑え気味な感じです(笑)
でもカッコイイですよ~

No title

脚の左右に装備するスラスターの前後が逆のようですが…?

名無し様

おはようございます。
コメントありがとうございます。

ホントだ!!!!!!
組み立ての時から間違えてる。
製作時には広いクリアーパーツの方が前って
きちんと認識してたのに
組み立てで間違えちゃってますね。
御指摘ありがとうございます。

でもさすがに写真の撮り直しはちょっと・・・。
メニュー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数
オススメ商品








































最新記事
amazon お買い得おもちゃ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
広告
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

miffy.burian

Author:miffy.burian
いい歳して模型製作に
情熱をささげつつも
かわいらしいMiffyを
愛してしまう浮気者。

完成品&レビュー
Twitter
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
6位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
ネットでの出会い